冬を迎えるにあたって

2010.09.29 Posted time/00:13 | 健康や病気について | - | - | page top ↑






さて、夏も終わりいよいよ冬へ向けてまっしぐらですね。

熱いのが嫌いだから、冬が好きな人も多いかと思いますが、僕は逆で寒がりなので冬は苦手です。

だから寒くなると、スーツもベストまで着込んで完全防備!!

移動中は上着を着ていると背中がシワシワになるため、どんなに寒くても必ず脱ぎます。

だからベストが大活躍♪


でも、カッコ重視で襟付きのベストなので、よく店員さんと間違えられ

『トイレどこですか』って聞かれる(汗)

声かけやすいキャラなんですかね・・・


ところで、寒い海で育つ魚は何で美味しいのでしょうか!?

それは、脂が乗っているからですよね!!

人間も一緒なんですよ。

寒い場所(クーラーも含む)で生活していたり、寒い環境で寝ていたりすると、本能的に脂肪を蓄えて脂の乗った身体に(笑)

えっ!もうすでに大トロになってます?

でも、トロならまだいいんですよ。

問題は霜降りなんです。


イヌイットと呼ばれるエスキモーの人たちは、体脂肪が70%くらいあるそうです。

なぜかというと、氷の世界では野菜類の栽培が出来ないため、魚や、獣類(アザラシなど)の生肉ばかり食べるんだそうです。

そして、体脂肪率が日本の常識で考えると極端に高いにもかかわらず、心筋梗塞になりにくいし、肥満体質の人も少ないそうです。

その特異な体質は食べ物の影響で、寒いところで生きている生物の脂肪だから、大トロならいいなんて言ったのはここから来ています(今は脂肪中の重金属が問題ですが)


では、霜降りが悪いといった理由は・・・

そうです、同じ脂肪でも牛や豚など、体温が38℃〜39℃の生き物の脂肪を沢山食べて、寒い環境で生活することにより蓄積する脂肪は最悪なんです(驚)

だから病気になるはずですよね!!


では、今年の冬はなるべく暖かい環境を作り出すか、運動で筋肉に発熱させるか、体温が上がるものを食べるか、出来る努力をしてみませんか。

ダイエットにもつながり、一石二鳥ですよ (^^♪





【写真】一昨日の帰り道、しおれかけたヒマワリに出逢い、熊本市内のプチ夜景と共に1枚パチリ

※クリックすると大きくなります

朝食について

2010.08.28 Posted time/23:59 | 健康や病気について | - | - | page top ↑

 
写真は、昨日の大分県での仕事終了後、いつもお世話になっている松井さんにご馳走していただいた、地元で美味しいと有名な讃岐うどんです。





なんと!肉・舞茸・温泉卵・大根おろし入りの、“超豪華”冷やしぶっ掛けうどん♪

コシがあり、とても美味しかったのですが・・・

少食の僕は残してしまい、申し訳なかったです。


たまに、初めて食事をさせていただく方に『具合でも悪いのですか?』と聞かれることがあるくらいで(汗)、基本的に、朝は食べずに昼夜の2食で、特に禁酒をしてからは、さらに食べる量が減った気がします。

僕個人の考えですので、正しいという意味ではなく、一つの考えとして聞いていただきたいのですが、身体が出来上がった大人の場合には、現代の高カロリーな食生活を楽しみたいのであれば、朝は抜くべきだと考えています。

また、せっかく朝目覚めて交感神経にスイッチが入り『さぁ活動するぞ!!』というタイミングにガッツリ食べて、内臓に副交感神経の仕事をさせるのはどうかと・・・

よほど質素な食生活で無い限り、そして朝食後に消化のための少しゆっくりする時間が作れない限り、朝食は食べない方が良いと考えてます。

少しお腹が『グゥ〜グゥ〜』言うくらいが、生命力は上がると思うんですけどねぇ〜


話は戻って、松井さんご馳走さまでした!!
次のページへ | 3/3PAGES | 前のページへ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク