今日は僕のラッキーナンバー13の日

2010.10.13 Posted time/00:13 | 13について | - | - | page top ↑

 



今日は月に一度の13日!!

当たり前ですね(汗)

そうです、僕のラッキーナンバーの日なんです。

上の写真は、誕生日が出張中だったため、昨日シェフが宮崎から持って来てくれたトレーズの誠スペシャル誕生日ケーキですが、さすが13の書き方が上手い♪

フランク・ミュラーも真っ青です(^^ゞ

まさに僕のためのケーキで、今日のためのネタです(笑)


さて、せっかくの13日ですから、何か13ネタはないか検索。

グーグルに13と入力すると、上から6番目に『マヤ13神占い』なるサイトを発見!!


※興味のある方はどうぞ http://www.maya13.net/


早速、右下にある『簡易占い』なるところへ生年月日を入力。

(ちなみに僕は、1973年10月10日です)


どんな結果だと思います!?


なんと、あなたの守護数 13

ですって (^^)v

いやぁどこまで13に好かれてるんでしょう・・・


もう一つ13ネタを。

僕の名前は誠ですが、普通に数えると13画あります。

イニシャルはマコトのMになりますよね。

Mって、Aからアルファベットを数えると何番目だと思います!?


そうです、13番目がMなんです♪


結局、どんな数字でも自分が好きだと想い、この数字と出逢うとツイてるって意識すれば、様々なところで確率の問題で当たるんですよね。
(20くらいまでなら)

そして、『これだけ大事にしているんだから13が僕守ってくれて、間違った方向へ向かうはずがない』と信じることが、ある意味心の支えになるのではないでしょうか。

みなさんも、ラッキーナンバーをお一つどうですが!?

お薦めは、月に1〜2度くらい当たるような確率のものですと、偶然感がありつつ、それなりのタイミングで訪れ、幸せ感を満喫できますよ♪

祝!ブログ開始1ヶ月!!

2010.09.13 Posted time/23:13 | 13について | - | - | page top ↑

 

いやぁ〜お陰様で、このブログも1ヶ月続きました!

原動力は、全国あちこちで『ブログ見てるよ』ってお声をいただけたお陰です!!

本当にありがとうございます m(__)m





さらに今日は、僕のラッキーナンバー『13』の日。

写真は、今日のブログとは全く関係ありませんが(汗)昨年まで遊びで乗っていたレース用のバイクで、もちろんゼッケンは、い・つ・も13番!!


そして、ウチが経営させていただいている飲食部門の『お好み焼本舗 熊本近見店』が、オープン2周年の日。

いろいろと重なる、とても大事な日となりました。


この1ヶ月、ブログだけでなくツイッターも始めさせていただき、『何かを発信する』きっかけの月になったような気がします。

何を発信しようか、どのようなネタが喜んでいただけるのか、日々考えていますが、このように多くの方々へ言葉や写真を発信させていただく『役』を、これからも自分自身も皆と一緒に楽しみながら発信させていただきたいと想っています。


よく、『ブログ中の思っているという文字が、思っていると想っているの2種類になってて、変換違いがあるよ』とご指摘いただきます。

で、この『思いと、想い』はあえて違う文字にしてありまして、自分で勝手に思うことはこちらの思うにしていて、相手のことを願いながら想う場合はこちらの想うを使っています。

理由ですが、田んぼを心で思うという事は、田んぼ=お米ですから、農家の方以外はお金で買わなければなりません。ということは、心の底ではお金と結びつく感覚になりかねませんので、相手がいることに関してはあえて使わないようにしています。

もちろんお金が悪いって話ではありませんよ!!

斎藤一人さんが言うように、お金は社会の血液のような物なので、しっかり稼いでしっかり使う、その血液の循環が上手くいけば日本という身体も元氣になる。

まさにその通りだと思います。


ただし相手がいて、その人に『元気なって欲しい』とか『成功してほしい』などの想いが有る場合は、こちらの想いの方が純粋に相手を心で想うことが出来るような『氣』がしますので、そのように使い分けています。

なんだ!『氣』がするだけか!?

と、おっしゃる方もいるかも知れませんが、この『氣』が大切なんです!!

僕はこの『氣』が目に見える物質の世界と、目に見えない意識の世界の架け橋のような役割じゃないかと考えています。

元氣 病気 陽気 陰気 やる氣 本氣 負けん氣 死ぬ氣 氣のせい 氣分 氣付き 氣が散る・・・

どうです!?

全部目には見えませんが、しっかりと身体に影響しますよね?

氣の持ちようとも言いますが、その氣が大事なんですから!!

是非、氣の毒なことにならないように(笑)御注意くださいませ。


おっと、ブログ開始1ヶ月の話から、発信の話に流れ、想いの話くらいで落ち着くかと思いきや、最後は氣の話にまで大脱線・・・

すいませんねぇ〜

書きながら閃くことをどんどん書いてしまうものですから(汗)

こんな藤原誠の個人ブログ『愛と誠』ですが、これからもどうぞ宜しくお願い致します !(^^)!



マヤの知恵 9月14日(火)

流れ・・・くっつける 融合
ポイント・・・嵐のような変容のエネルギー 自己発生 家族団らん










マヤ文明と13の続き

2010.09.08 Posted time/22:13 | 13について | - | - | page top ↑


昨日の続きです。


マヤ暦の13×20=260の『13』のサイクルは、『銀河の音』といいまして、13日ごとに時間の流れが変化していくと考えられています。

また、『20』のサイクルは『太陽の紋章』といい、マヤでは宇宙に異なった英知を持つ神が交代で支配していると考えられています。

『13・銀河の音』は、人や時間が持つエネルギーを表し、『20・太陽の紋章』は人や時間の本質を示すものだそうです・・・


まぁ難しいことは置いといて、これからはブログの最後に、『明日の流れ(エネルギー状態)とポイント(キーワード)』を付け加えるようにしますね♪

ちなみに、これは個人を対象とした占いではありません。

あくまでも、古代マヤ文明の方々が星を観測しながら導き出した、宇宙全体の流れ(エネルギー状態)と、そのエネルギーを上手の使いこなすためのポイント(キーワード)ですので、当たった外れたではなく『時間をも超越した、宇宙の流れを感じるヒント』という感覚で楽しんでください!!

その流れに上手に乗れるようになると、シンクロニシティーを頻繁に感じ、魂と心地よいコミニケーションがとれた、素敵な人生を送れるかも知れませんよ (^^♪


では早速、明日の宇宙の流れと、流れに乗るポイントです。

2010年9月9日(木)

流れ 『エネルギーの解放』
ポイント『罪を赦す・受容』

ん〜初っ端から、感じるのが難しいお題ですね(汗)

とりあえず、暫く続けてみます (^o^)丿

マヤ文明と13

2010.09.07 Posted time/23:13 | 13について | - | - | page top ↑


さて本日は、古代マヤ文明と13の関係についてのお話。


マヤ文明は有名ですので、ご存知の方も多いかと思いますが、知らない方のために少し解説させていただきます。

マヤ文明は紀元前2000年くらいに、現在の中央アメリカに誕生し、数千年にわたり栄えた後、忽然と姿を消したとされる、謎に満ちた文明です。

そして、マヤの人々は天体観測能力に長け、驚くほど精巧な暦をいくつか使っていたそうです。

その中の一つで、僕が一押しなのが『マヤ暦(神聖暦)』です。

マヤ暦は、1周期を13日×20日=260日とし、その1日1日が宇宙から流れてくるエネルギーに影響されていると考えられていました。

1週間が13日だなんて、僕にとっては楽園ですね!!


また、もう一つ忘れてはいけないのが、2012年に起こると言われているアセッション(上昇、即位、昇天)との関係。

マヤ暦の一つの周期『長期暦』で、『マヤの大周期』または『13バクトゥン』と呼ばれる、5125年間の周期があるそうです。

これは、187万2千日(グレゴリオ暦の365.2425日で割ると約5125年)の周期となります。

その『長期暦』の区切りが2012年12月22日だそうで、その時人間の意識がアセッションすると様々な予言がされ、一見マヤとは関係なさそうなホピ族の予言にまで2012年に・・・とのこと。

まぁとにかく、マヤ文明と13は切っても切れない関係で、とても大切にされていたということで、このネタは明日へ続く・・・

あ〜このネタは、13日用に取っておけば良かった (^^ゞ

なぜ13?−2

2010.08.15 Posted time/00:13 | 13について | - | - | page top ↑

 
13が好きになった理由は昨日お話させていただきましたので、本日はどれくらい13にこだわっているかをお話させていただきます。

13が好きになった後で、自分の名前の“誠”が13画であることに気付きました。

姓名判断上は名前が一文字だと1が足され14画の扱いになるそうですが、そんなことは気にしないで(笑)素人的に普通に数えると13なんです。

『やはり13に縁があるなぁ』と思い、まず車のナンバーを13番にして、仕事着であるスーツに入れている名前を“藤原”から“誠”一文字にすることにしました。

さらに暗証番号やパスワードなど、選べるものは徹底的に13にしていきました。

26歳の時に初めて作った有限会社は、まだ13とは関係なく“紘誠”(こうせい)という名前でした。
由来は、当時使っていた印鑑を作っていただいた先生に名付けていただいた名前で、『糸(網)を手繰るような広がりを、言葉で成り立たせる』といった意味でした。

ちなみに、現在は当時とは違う印鑑を使ってます。
あ〜この話も長くなるので、またいつかさせていただきます(汗)

その後、30歳の時に設立した“ライフトレード”は・・・数えてみてください!!
そう、13画です♪

さらに昨年設立の“サンクスアイ”も13画です♪
サンクスアイとは、サンクス=感謝+アイ=愛で愛と感謝という意味ですが、実は愛も13画なんです。
ということは、13に感謝とも読めますよね。

最後は今年オープンしたケーキ屋さん“ジョワ・ド・トレーズ”ですが、なかなか13画になる良い名前が思い付かなかったため途中で作戦変更。

フランス語で13がトレーズだったので、それにフランス語で喜ぶの意味のジョワを足して“13の喜び”でジョワ・ド・トレーズになりました。

13へのこだわりが少し伝わりましたでしょうか!?
では本日はこの辺で・・・




なぜ13?

2010.08.14 Posted time/00:13 | 13について | - | - | page top ↑


さてブログ2日目ですが、何から書こうか・・・
長文だと携帯で見てる人が大変では・・・

いろいろ悩むところではありますが、見たい方は見に来てくださいというご案内ですので、遠慮なく書かせていただきます(笑)

本日のタイトルは『なぜ13?』ですが、わざわざ昨日の8月13日金曜日にこのブログをスタートさせていただいたのにはいくつかの訳があります。

まず、僕にとってのラッキーナンバーが13なんです。
もともと好きだった訳ではなく、ちょうど10年ほど前の26歳の時から大好きになりました。

24歳の時に、とび職を辞め今の仕事の基礎となるネットワークビジネスの業界に入りましたが、その時の師匠のような方の車のナンバーが13−45でしたので、僕も同じ13−45のナンバーにして仕事を頑張りました。

そして、26歳の時にその師匠と別れ、別の道へ進むことを決断しました。
その時、『もう13−45は卒業だな』なんて考えていたのですが『でも、何かと13に当たるなぁ』という事に気付きました!!

ホテルの部屋が13号室、電車の席が13ーA席、引換券の番号が13番と、とにかく13が目に付くのです。

もちろん最初は、縁起が悪いのでは!?と考えましたが、ちょうどその時に読んだ斎藤一人さんの本に、一人さんは人が嫌う4と9が大好きで、4月9日は良くなる日としてパーティーをするみたいなことが書いてありました。

そこで!じゃあ僕は13を大事にしてあげよう!!と思い付き、それからは選べるなら何でも13を選ぶようになりました。

すると、どんどん運が良くなるではありませんか♪

今では僕の周りの人でも13が好きな方が増えて来ましたので、さぞ13の神様が喜んでいるのではないかと勝手に想像しています(笑)

まだまだ13について書きたいので、続きはまた明日・・・



次のページへ | 2/2PAGES | 前のページへ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク