プチ自給自足施設

2010.11.28 Posted time/00:13 | 夢について | - | - | page top ↑





本日からまた話が変わりまして、プチ自給自足体験施設について。


最近このブログを読み始めた方には、全く流れが読めないでしょうから、ここで少し解説させていただきますね。

まず話の始まりは、僕の夢について。

僕個人の夢は、エベレストにチャレンジすることです。 その記事へ

そして今は、法人としての夢を書かせていただいていますが、その夢は昨日まで書かせていただいた医療施設。 その記事へ

そこに併設させるのが、今日から書かせていただくプチ自給自足施設という、2つの施設の融合施設です。


ではその施設についてですが、何故プチ自給自足なのか!?

それは今の子供たちに、最悪お金が無くても生きていけることを、頭の片隅に記憶として残してあげたいからです。

僕たちの年代もそうですが、今の子供たちは特に、あまりにも裕福な生活しか知らないという現状。

そこで何かあった時に落ち込んでしまったら、行き着くところまで落ちてしまう・・・

大変なことですよね(涙)


行き着くところとは!?

『自分が死ぬか、相手を殺すか』

人生を悲観して最終的にとる行動が、そのどちらかになる傾向があるように感じます(悲)


では、それと自給自足と何が関係あるのか?

そこのとについて、明日から書かせていただきます♪


では最後に、ブログランキングへの応援1クリックをいただけたら嬉しいですm(__)m

人気ブログランキングへ ←ココをクリック





【写真】目に見えない『根』が大事なんですよねぇ〜

どんな医療を目指すのか

2010.11.27 Posted time/00:13 | 夢について | - | - | page top ↑



 

僕がやりたい、夢の医療施設は儲からない。

今日はそんなお話を。


何故?

それは、あまり点数を稼げないからです(涙)


今の医療保険制度は、点数制度になっていまして、治るか治らないかはあまり関係ないのです。

例えば、初診は270点とか、静脈注射30点(薬代別)とか、乳癌の単純な摘出手術が11400点で、あちこち転移していたら高いもので36170点とか・・・

もちろん検査に投薬すべてに点数が付きますが、その点数は1点=10円に換算されるのです。

だから、なるべく親切に検査を繰り返した方が点数を稼げるわけですが、その結果日本は、癌になる人の3。2%が検査被爆という現実(驚)

もちろんぶっちぎりの世界一です・・・


でも、先生達もお仕事ですから、点数を稼がないとならないのは仕方ありません。

だって、ここ最近お医者さんになる人の何%が、『病気で苦しんでいる人を助けたい』という動機でお医者さんになられると思いますか?

看護師さんは、小さい頃に入院した時にお世話になって、『自分も大人になったら看護師として働きたい』

なんて動機の方をよく聞きますが、先生の場合ほとんどが親の勧めで『所得が高いし、世間体も良い職業』として、医師へのレールに乗った。

現在はそんな方が多いのではないでしょうか!?

しかも病院によっては、ボーナスの査定が稼いだ点数を基準にしているとか・・・


また脱線しちゃいそうなので、ここで軌道修正(汗)

僕がやりたい医療施設は、最低限の医院程度の機材や薬を完備した上で、食養生と精神的なカウンセリングなどをメインの治療方針とした施設です。

自分の生命力や治癒力を、どうすればもっと引き上げられるかを考え、なぜ病氣になってしまったのかを患者さんと共に探り当て、今すぐに症状が改善しなくても、長期的に見て身体に良い治療を実践する。

そんな考えでやって行けたら最高ですね!!

もちろん今の医療保険制度では、経営として成り立ちませんが・・・


ちなみに、西洋医学反対、では無いんですよ。

注射1本で助かる命があるのなら、また簡単な手術一つで助かるのなら、それはお世話になるべきだと考えていますし、重病な方や救急の方はとりあえず設備の整った大きな病院にお任せしますので。

要はバランスの問題です。

何もかもを、注射や薬や手術で治そうとする考えの時代が終わろうとしている氣がします。

だから、表面的な症状の改善が早い西洋医学と、本質的な症状の改善に時間がかかる東洋医学、大切なのはその使い方のバランスではないでしょうか!?


そして、もっと大切なのが『生きる』ことや『人生』についてしっかりと意識すること。

すると、『健康が何よりも大切』ということに気付き、どのような生活をすれば健康維持がし易いのかに、ちゃんと意識が向くはずですから。

そんな意識付けまで、病氣になったついでにその施設で出来たらいいですね♪

簡単に出来るものではないかも知れませんが、こうやって言い続けていれば必ずチャンスが廻って来ますし、『そんな施設で働きたい』なんて志願してくださる先生が現れるはずですので・・・


では明日からは、その医療施設と併設している、プチ自給自足体験施設について書かせていただきます♪

今日も最後までお読みいただき、本当にありがとうございますm(__)m

人気ブログランキングへ ←最後にココをクリックしていただけると幸せです♪





【写真】何だかんだ言っても、日本って最高ですね!!

夢の医療施設の概要

2010.11.26 Posted time/00:13 | 夢について | - | - | page top ↑

 



では本日からは、夢の医療施設について。


以前、今の点数制度では、少ない検査と少ない投薬、少ない通院では儲からない。

だから、初診や救急は公的な病院が担当して、一般の病院や医院が治療を担当する。

そして、基本治療料はあるにしても、最終的に治して何ぼ。

そんな医療制度が良いのでは!?と書かせていただきました。


そこで、まだそのような制度にはならないにしても、僕のやりたい医療施設では、全ての病状を面倒診きれる施設ではなく、全ての年代を面倒診きれる施設にしたいと考えております。

あまり大掛かりな設備が沢山必要だと、その設備の支払いのための医療になってしまいかねませんので・・・


よく聞きませんか!?

あの有名な先生、病院を大きくするまでは、あまり薬も出さない良い先生だったのに、今ではばんばんステロイド出して、パッと見の治療効果を優先し始めた、なんて(涙)


また、全ての年代の意味は、生まれるところの産婦人科から、亡くなる前のホスピス的なところまで、そんな意味ですが、詳しくは併設させる夢の施設の時にゆっくりと・・・


なので、まずは他の商売で余裕を作り、それから始めたいんです。

この医療施設で稼ごうではなく、他の商売で出来た余裕をどこかへ寄付して、実際にどう使われたかは分からないでは無く、自分達の考えで、自分達の想いを乗せて、自分達の責任でそのお金を使う。

そんな、お金の使い方って最高じゃないですか!?


だから、沢山稼がせていただきます(笑)

そして、皆さんにも稼いでいただきたいのです♪


昨日のブログ&給料メッセージでも書きましたが、『人が喜んでくれることしてあげる』と『人が困っていることを解決してあげること』この二つが商売のカギですから、僕達が上手く行くことは社会にとっても良いことですからね!!

そんな仕事で、ただ自分の為だけに稼いで、自分の為だけにニヤニヤしながらお金を使うでは、いかがなものでしょう(笑)


勤務する先生には、給料の保証をするから、点数を氣にせずに病氣を治すことだけに意識を集中していただく。

どうです!?

そんな病院あったら、行きたくないですか?


でも今は一つ間違えると、治る治らないよりも、居心地が良い施設の方が人氣なんです(涙)

先日テレビで、ワタミの会長が病院を個人的に買収して、再建する番組がありました。

無駄を省きコスト削減は良いにしても、受付のお姉さんを居酒屋で修行させて、サービス向上で人氣を集めようといった内容には、ちょっと?でした。

以前も、医療施設の再建請負人が、市町村の病院に呼ばれ再建させるドキュメンタリーがありましたが、決め手はサービス!!


そして病院再建の成功とは、患者数の増加だそうです。

何を市町村は馬鹿なことをやっているんだ(怒)

そうじゃありませんか!?

医療費が足りない、医療費が足りないって言っているのに、一方で患者を増やそう患者を増やそうって頑張っているのですから・・・

サービスサービスで居心地を良くするなんて、基本的には必要ないと考えています。

『なるべく病院へは行きたくない』『早く自宅へ帰りたい』

そう想わせないと。


今の学校の勘違いみたいなものです。

教育の場である学校を、しつけの場と勘違いしてる人が多すぎませんか?

そして先生も人氣商売になって来てませんか?


病院は、病氣を治すところです。

いたれりつくせりで居心地が良く、自宅にいるより楽しいところではいけないのでは・・・


夢の医療施設の運営方針としては、『病気が治るからあそこの病院へ行きたい』

そんな患者さんでいっぱいの、医療施設がやりたいです。

ただし、今の医療制度では儲かりませんが(笑)

今日も長くなってしまいましたので、その理由はまた明日(^^)v


人気ブログランキングへ ←応援クリックいただけたら幸せですm(__)m

今朝も、社長ブログで4位でした。





【写真】 大きく変わろうとしている大阪駅近辺

法人としての夢

2010.11.12 Posted time/00:13 | 夢について | - | - | page top ↑





真っ暗闇の登山が、怖いけど癖になる。

そんな話に脱線した昨日の続きですm(__)m


それから何度も山に登りながら、自分自身と向き合う中で、様々な疑問が沸いてきました。

『どうして僕は熊本に住んでいるのだろうか?』

ちなみに、出身地は埼玉県で、実家は鹿児島ですので、熊本には縁もゆかりもありません。


『いったい僕は、今回の人生で何をしようとしているのか?』

『そして、この運の良さは個人的なことに使うためだけのものでは無く、今回の人生で何かやるべきことががあるのではないか?』

それまでの僕には、とても考えられないような氣持ちが沸いて来たのでした(驚)


そして、『将来しっかりとした経済的な余裕を作り、こんなことが出来たらいいなぁ』

と、個人のためではなく、『世の中のために』、という想いの初めての夢が!!


西洋医学一辺倒ではなく、食養生や精神的なカウンセリングなどを中心とした治療が出来て、出産から亡くなる前のお年寄りまでを診てあげられるような医療施設と、そこに併設させて、小学生くらいの子供たちを学校などと提携して、1週間くらい預からせていただき、プチ自給自足のような、なるべく不便な生活を体験出来る施設を作ることと、その運営


これが僕の、会社を経営させていただく者としての夢です!!

このブログをご覧の方にも、古いお付き合いの方にはこの話はさせていただいていますが、20代後半からこの夢もエベレストの夢の変わっていません。


だから僕にとって山は、『氣付きの場』であり、『向こうの世界(笑)とのアンテナ的な場所』なんですね♪

最近は山に限らず、トレーニングなどで体を動かすこと全般が、意識的には瞑想状態のような感じで、とても有意義な生活をさせていただいています。


それで、僕が起こす仕事のテーマは、いつも健康(医療)と食(生活)なんですね(笑)

では明日からは、夢の医療施設と、体験施設についてもう少し詳しく書かせていただきます。


本日も最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございますm(__)m

今日も、下のブログランキングを開いていただけると幸せです。

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

お蔭様で、今朝は6位まで上がって来ていました!!





【写真】なぜか最近、柄にも無く花の写真が多いですね・・・ 心境の変化かな(笑)

真っ暗闇の登山と、1人での山頂泊

2010.11.11 Posted time/00:13 | 夢について | - | - | page top ↑





昨日までは僕個人の夢の話でしたが、本日からは会社をさせていただいている身として、法人の夢を書かせていただきます♪


山登りを始めてから、特に以前書きました『俵山』に登る機会が多い、というか、登らされるというか・・・

妙に行きたくなってしまうんです、その山へ(汗)

ある年の大晦日など、熊本にしては珍しい大雪で、登山口には数台の車がいたものの、あまりの雪に誰も登ろうとしない状況。

それでも何故か僕は、『登らなきゃ』って氣になり、1人で登山開始!!

まだ夜明け前ですから辺りは真っ暗闇、頭につけた懐中電灯の光だけを頼りに黙々と登り続け、さらに途中で太ももくらいまで雪があったりする中、それでも登ってしまうんです(笑)


またここで、いつものように脱線しますが・・・

一人での、夜の登山ほど怖い環境はありません。

日常生活では味わえない、何とも言えない怖さです!!

どんな感じか上手く言い表せませんが、とにかく神経が研ぎ澄まされる感覚です。

五感が敏感になると言いましょうか!?


ちょっとした物音にいちいちゾクッとしますし(汗)、暗闇の中では動物たちの目が光るので、目が合った時の恐怖といったらたまりません。

だって相手が何か分からないのですから・・・

(九州は熊が出ないだけでも安心ですが)


しかし、その普段味わうことの出来ない感覚が癖になり(笑)、今でも年に1回くらいはテントや食料などを担ぎ、誰もいない山頂で一人泊まります。

そして真夜中の夜空を見上げてみると、満天の星空とは正にこのことです!!

360度のパノラマどころではありません、だって山頂では、水平線の下まで何もないし、場所によっては上は星空、下は夜景なんてスチエーションもありますからね♪

その誰もいない山頂で、『ただひたすら自分と向き合う』

ある意味最高の贅沢ですね。


いやいや、またもや脱線話が長くなってしまいました・・・

この法人としての夢は、しばらく続きそうですが、良かったら最後までお付き合いくださいませ。


では、本日もお読みいただきまして、本当にありがとうございましたm(__)m

最後に毎度のことで恐縮ですが、下のブログランキングのところを開いていただけると幸せです。

↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

お蔭様で、昨日からトップ10入り!!





【写真】昨日、帰りの穂積駅での1枚 ホントはもっと綺麗でしたが、写真で表現するのは難しいですね

夢が叶う時

2010.11.10 Posted time/00:13 | 夢について | - | - | page top ↑





では本日は、いつになったらエベレストに行けるのか?

いつになったら夢が叶うのか?


それは、自分の人生において『成功』した時です。

僕の中での『成功』とはいくつかの状態を指しますが、そのうちの一つが『自分が今いなくなっても大丈夫』と想える状態になった時だと考えています。

どれだけ商売が上手く行ったとしても、いま自分が死んでしまったら大勢の人たちが路頭に迷うようでは、成功したとは言えません。

だから、仕事もしっかりと後を継いでくれる社員が育ち、子供も自立して親離れして、嫁さんからも『亭主元気で留守が良い』って思われるようになって(笑)、もう思われてるか(汗)、たとえ僕が死んでも残った人達は、ちょっぴり悲しんだら、またすぐ普通に暮らしていける、そんな状態が僕にとっての成功のうちの一つです。

人それぞれの価値観がありますから、中には自分がいなくなっても良いなんて、そんなのは悲しい夢だねって言われそうですが・・・


ちなみに、僕の考える最高の親孝行は、『親がいつ死んでも、この子は立派に暮らしていける』と安心させる自分になることだと考えています。

いくら頑張って、遠くへ旅行に連れて行ったり、高価なプレゼントを買ってあげたりしても、『こんな無理して大丈夫だろうか?』と心配させるようでは、全く親孝行にはならないと思いませんか?

親は『その氣持ちだけで充分だから、あまり無理しないで』って考えますよ、きっと。


だから、まずは自分がしっかりと自立すること。

そして、自分がいなくなっても、周りに迷惑をかけないこと。

この二つが出来れば立派な成功者ですもんね!!


なんて書いてはみたものの、どの時点で成功と呼べるのかは微妙なところではありますが・・・

ということは、結局いつまでたってもエベレストには行けなかったり・・・


しかし、行ける行けないよりも、そういう気持ちで日々生きていることが大事だと思いませんか?

逆に、私なんていつ死んでも大丈夫。

なんて平氣で言える方がいたら、僕と一緒に仕事しませんか!?

きっと、まだ死ぬわけには行かないって氣付きますので(笑)


結局のところ個人的な夢は、自分自身の成功を意味していて、その成功とはどこかに線が引いてある訳ではなく、『やり残した事はない』と言い切れる時が来るのか来ないのか。

その例え話に、エベレストを使わせていただいています。


そんなこんなで、個人的な夢はこれで終了です。

明日からは、法人としての夢を書かせていただきますね(^^)v


今日も最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございましたm(__)m

例のごとく、本日も下のブログランキングのところを、最後に開いていただけると幸せです♪

 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ





【写真】ひっそり佇むお地蔵さん

個人的な夢

2010.11.09 Posted time/00:13 | 夢について | - | - | page top ↑

 



さて今日からのお題である『運』、『人生』、『夢』のどれから書こうかなぁ〜

では、登山中に想いついた『僕の夢』から書かせていただきますね。


夢はどんどん変わって行くものなので、あくまでも現時点で、ということを前提にさせていただきます。

でも、ここ10年近く変わっていませんが・・・


会社をさせていただいている身としての法人の夢と、自分個人の夢との2つの夢がありますが、まずは個人的な夢から。

個人的な夢は、エベレストに登ることなんです。

もちろん登頂すること、と言いたいところですが、まずは『明日からエベレストに登りに行って来ます』と宣言したい!!

それが個人的な夢です♪


今は、エベレストに登頂すること自体は、それほど難しくない時代なんだそうです。

すみません、実際に行かれた方の苦労も知らず、こんな言い方しまして(謝)


でも、お金さえあれば、自分が吸うための酸素や食料、テントや様々な用品諸々、全てシェルパの方々が担いでくれて、天気などの気象情報の収集や、ルートの考案や登頂アタックのタイミング管理などは、すべて専門のプロガイドさんがやってくれるそうです。


だから、60歳でも70歳の方でも登頂されています。

もちろんそれなりのトレーニングを積んでですよ(汗)


ただし、どう頑張ってもお金やトレーニングでは解決できない問題があるんです。

それは、雪崩。


こればっかりは、運悪く自分の上方で起きたら、それで今回の人生はお終い(涙)

それなりに、気象情報を考慮しながら登ってはいるのでしょうが、100%はありえないそうで、少し前の話ですが、5人登頂に成功すると1人が亡くなるくらいの確率で死んでしまうそうです。

雪崩だけでなく、吹雪で遭難したり、足元を滑らせて滑落したり、クレバスという氷河のヒビの中に落ちてしまったり・・・

まぁ死ぬ理由を考えれば、いくらでもありますけど。


そんなエベレストですが、世界で一番高い場所に行ってみたいんです!!

運試しも含めて(笑)


でも、さすがに今行く訳にはいきませんよねぇ!?

だから夢なんです!!


では、どの時点で行けるのか?

その話はまた明日m(__)m


今日も最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

良かったら、最後に下の四角いブログランキングのところを、開いていただけませんでしょうか。

  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

また、携帯の方は順位が見れなくて申し訳ありません。

僕はmakoto13.jpというオリジナルのアドレスを作っているのですが、これだと携帯でランキングが見れないようでして、見れるようになるブログ屋さんからもらったアドレスだと、ランキングのカウントに入らないようで・・・

それで、数日前から携帯で見れるようにはなったけど、ランキングは全然上がらなかったようです。

ちなみに今朝は、3日連続の13位でした(汗)

13位で停滞するための、必然だったのですね(^^)v






【写真】そろそろ紅葉の時期ですねぇ〜 写真撮りに行きたい!!
次のページへ | 2/2PAGES | 前のページへ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク