奈良&伊勢おかげ参り

2013.06.24 Posted time/00:13 | 今日の出来事 | - | - | page top ↑



送信者 ブログ用webアルバム


久しぶりのブログ更新で申し訳ありません。

よく「最近更新してないね」ってお声がけいただき、

「はい頑張ります」と答えるものの・・・


「やる」と決めれば、1年間毎日更新できたのに、

「出来るときに更新しよう」では月に1回も更新できない・・・


「決心」することがいかに大切か分かります(汗)


で結局、毎日少しずつが難しいので、

書ける時に、いっぱい書きますね(笑)


となると、細かく改行をする文章の書き方だと、逆に読み難い文章になりそうなので、そのまま横長に書かせていただきます。



先日、毎年恒例の「奈良&伊勢おかげ参り」に行って参りました。

もう何年になるのでしょう、毎年毎年行かせてもらってまして、僕の中での1年の区切りと言いますか、リセットと言いますか、特別な数日間になっています。

最初のきっかけは、写真を撮るようになって「綺麗な風景が撮りたい」と訪れた、三重県伊勢市の二見興玉神社の夏至祭だったように想います。

二つの岩がしめ縄で結ばれており、夏至の時期はその先に富士山が見え、その富士山の奥から日が昇るという最高の風景なんです。

ちなみに今日の写真は、今年の夏至祭の翌日6月22日の撮ったものですが、僕の写真が下手で富士山が分かりません(謝)


この景色を撮るために訪れたのがきっかけですが、せっかくの伊勢まで来たのですから「伊勢神宮にも寄ってみるか」くらいの感覚で伊勢神宮に行き、その空氣感に圧倒されてしまいました。

もともとそっち系は嫌いじゃないですし(笑)、なんとなく「ただいまぁ〜」という感覚になり、伊勢神宮についていろいろ勉強してみると、式年遷宮といって20年に1度、この1300年もの間ずっと建て替えを繰り返し、古い物を新しく引き継ぐことが繰り返されていて、檜の成長の問題もあるため、常に200年300年先のことを考えながら準備が行なわれているとのこと。

素晴らしいですね!!

今さえよければいい、自分さえよければいい、ではなくて絶対自分が生きていない時代の、子孫のことまでを考えての行い。

確か、インディアン達も7代先の子孫のことを考えて・・・なんて聞いたことがありますが、同じくらいでしょうか!?

そこで調子に乗って、毎年必ず式年遷宮のための寄付をさせてもらうことにしています。

だからといって、自分のお願いや祈願などは一切行なわず、ただただ「今年も1年間本当にありがとうございました、お陰様でこの1年も順調に商売をさせていただきましたので、遷宮がこれからも続きますようにささやかではありますが寄付をさせていただきます」という想いでさせていただいています。


そしてある年、「せっかくならお隣の奈良にも行ってみよう」と考え、「苗字も藤原だし、春日大社に行こう」となり、伊勢と奈良がセットの旅となりました。

春日大社も式年造替という呼び名で、伊勢神宮のように全部を新しくではなく、保存修理を行なっております。こちらは世界遺産ですので、伊勢神宮とは事情が違うのでしょう。

なので、春日大社にも寄付をさせていただき、伊勢神宮同様の想いを伝えさせていただいております。


さらに、今年のように多少時間に余裕がある時は、同じ奈良県内の三輪明神大神神社や、談山神社にも参拝させていただいております。

僕は小学生の頃、両親の離婚をきっかけに苗字が藤原になりました。で、その前は三輪だったんです。

三輪誠

ん〜しっくり来ないなぁ〜(笑)、でも父方は三輪ですので関係ないかも知れませんが、勝手に意味合いを付けて、ここにも参拝♪


そして談山神社は、西暦645年5月、藤原鎌足と天智天皇がこの地で行った大化改新の談合により、日本という統一国家が誕生したんだとか・・・

まぁこちらも僕とは関係ないのですが(本家の藤原家は藤原を名乗ってないので)、なんとここには13重の塔があるんです!!

となると、やっぱり無関係じゃないような氣がして、行かせてもらってます。


そんなこんなの毎年恒例「奈良&伊勢おかげ参り」を、今年も無事に終えることができまして、昨年は時間が作れず参加できなかった二見の夏至祭にも、今年は参加させていただき大満足な数日間でした。

これでリフレッシュも完了しましたので、また1年ご縁のあった皆さまと、精一杯「人生という名の経験」を楽しませていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します。


本日も、藤原誠の「愛と誠」にお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

では最後に、年に一度のふんどし姿のサービスを(笑)

※今年の夏至際にて


送信者 ブログ用webアルバム


多くの方々にお世話になりながら仕事をさせていただいている身ですので、特定の宗教や政党の話はご法度なのは分かっております。今回のブログは、宗教的は話ではなくて個人的に毎年行っている旅行の記事としてお読みいただけますと幸いです。


自慢話大会に遭遇!!

2013.05.17 Posted time/00:13 | 健康や病気について | - | - | page top ↑



送信者 ブログ用webアルバム


今日、外食している時のことです。

70代くらいの女性4人組が隣で楽しそうにおしゃべり。


別に聞き耳を立てていた訳ではありませんが、

聞こえて来たので聞いてしまったのです。


その楽しそうなおしゃべりの内容とは、

「私は、血圧と糖尿と関節の薬を飲んでる」

「私なんて、心臓病に肝臓に水虫まで」

「私だって、足の先から腰、背中のここまで痛い」


そして、どこの病院が良いとか、

どの先生が良いとか悪いとか・・・


いかに体調が悪いかの自慢話大会でした。

まぁそこまでは良しとして、

僕が氣になったのは、

健康になるために努力している話が全くないこと。


好きな物食べて、

お腹いっぱいになって、

動くのが嫌で、

じっとしてたら、

犬だって猫だって、

糖尿病になる時代ですよ!(笑)


病氣自慢の後は、

「健康のためにこんなことやってる」

って話もしたいものです。


本日も、「愛と誠」にお付き合いいただき、

ありがとうございましたm(__)m

生き方を考える

2013.05.07 Posted time/00:13 | 仕事について | - | - | page top ↑



送信者 ブログ用webアルバム


先日、ユニクロが世界同一賃金を導入すると発表しました。


もう「日本人だから」といった理由だけで、

世界有数の高賃金なんて、夢の話。


だからこれからどう頑張るべきなのか?


そう、頑張る意思の無い人は問題外・・・

はい、働かざるもの食うべからずです(笑)


今の日本は、最低賃金に、65歳までの強制雇用、

会社が潰れるまで社員を解雇が出来ないなど、

良かった時代に票を取るための護送船団方式が、

だんだんと維持できなくなって来てる。


これは医療制度も一緒。

自分の健康管理もしない、考えない、

やりたい放題食べて飲んで、

そして病氣になったら、「はい病院」なんて・・・


先日こんなアンケート結果を見ました。

北欧の福祉制度が充実した国で、

子供たちに将来なりたい職業を聞いたところ、

1位 お医者さん

2位 学校の先生

3位 働かない


子供の夢が「働かない」ですよ!!

きっと、働かなくても生活させてもらってる人が多いのと、

子供から見ても、さぞ楽そうに見えるのでしょうね、

毎日ゴロゴロできるって・・・


そりゃ誰だって、働かなくて生活できるなら、

働きませせんよ!!


でも、もうここまで近代化してしまった日本では、

皆で自給自足って訳にはいきませんよね。

いや自給自足は、それはそれで重労働ですよ。


ということで、これからは世界規準で自分の労力と、

もらえる賃金とを考える時代。


「代わりがいくらでもいる人間ではなく、

会社から必要とされる人間になれるように、

これから頑張ってくださいね」

と本日入社のスタッフ達に対して、

ミーティングでお話させていただきました。


その他大勢としてレールに乗せられる時代から、

個人で生き方を選択し、その選択を問われる時代・・・

僕は嫌いじゃありません。


本日も、「愛と誠」にお付き合いいただき、

ありがとうございましたm(__)m


宮古島トライアスロン

2013.04.25 Posted time/00:13 | 今日の出来事 | - | - | page top ↑



送信者 ブログ用webアルバム


宮古島トライアスロンは、

制限時間ギリギリの完走でした。


大会当日の朝は、

ビックリするような強風。

しかも、海は白波が立ってるし(汗)


ということで、スイムが中止になり、

ランーバイクーランのデュアアスロンに変更。


スイムが苦手な僕はこの1ヶ月、

時間が作れる限りスイムの練習をしたのに(涙)


だってスイム3キロですが、

1700メートル地点で関門があり、

最悪そこで引っかかりそうなんで。


だからスイム中止になって、

半分ラッキーで残りの半分は、

せっかくの宮古島で綺麗な海を泳ぎたかった。


まぁ前週の石垣島トライアスロンで死亡者が出てるから、

大会主催者はちょっと用心しますよね。

ちなみに、29年間の歴史上、

初めてのことなんですって。


で、7時スタートが1時間遅れて8時スタートに変更。

6.5キロのラン

155キロのバイク

42.195キロのラン

合計203.695キロになりました。


そして、ここからが問題。

制限時間は13時間30分だったのに、

1時間遅れてスタートしても、

終了時間は同じ20時30分。

ということは、

制限時間は12時間30分。


おバカな僕は、最初の6.5キロのランで、

必要以上に頑張ってしまい、

その後が・・・


とにかくバイクは強風にやられて、

いまいち進まない。

それでも何とか155キロを終えて、

最後のフルマラソンへ!!


残り時間は6時間。

「楽勝だな」

なんて考え走りだしたものの、

左膝が痛い。


最初の10キロくらいまでは、

気合と根性で走ったけども、

そこからは上手く走れない。


500メートルおきに我慢できなくなって、

立ち止まる。

そして走って、

また立ち止まる。


いやぁ辛かった・・・


これまでの人生において、

肉体的な痛みでは一番辛かったかも知れない。


楽勝に考えていた制限時間も、

だんだんと少なくなって、

後半は時間との闘いに。


そして制限時間10分前に、

何とかゴールさせていただきました。


いやぁ辛かった・・・


でも楽しかった・・・


この感覚、

この感覚が好きなのかも知れない。


そう、この感覚こそ、

「幸せ」なのかも知れない。


人生という生まれてから死ぬまでの時間。

その生かされている時間を、どう生きるのか。


「楽」らくをすることが幸せでも、人生の目的でもなく、

人生という「経験」そのものが、

人として生まれた目的なのではないか?


その人生という限られた時間と呼ばれる感覚を、

楽しむことが出来ることこそが、


「幸せ」


なのではないのか!?

そんなことを考えさせられる、

素晴らしい経験でした。


さすがに今日の写真は撮ってもらった写真ですが、

フィニッシュゲートにピントを合わせて、

お疲れ顔な僕はピンボケで(笑)

お決まりの、完走メダルをかじりながら1枚♪


本日は長文にもかかわらず、

最後までお付き合いいただき、

ありがとうございましたm(__)m

13社目に叶った夢

2013.04.16 Posted time/00:13 | 夢について | - | - | page top ↑



送信者 ブログ用webアルバム


ハリー・ポッターってご存知ですか?


あの魔法使い?みたいなストーリーの・・・

すいません、僕は見たことがありませんが、

名前くらいは知っています。


あの作品の著者は、J・K・ローリングさんって方で、

ハリー・ポッターを書き上げた当時、

旦那さんと離婚して、

子供を抱えて、

うつ病になって、

死ぬことまで考えて、

生活保護で暮らす日々。


それでも好きな小説を書き続けて、

作品を出版社へ。


しかし、あのハリー・ポッターでさえ、

12社の出版社から出版を断られたんですって。


そして13社目の出版社が、

ついに出版してくれることに!

すると世界中で大ヒット!!


いやぁ〜夢を諦めちゃいけませんね。


必死になって、

一所懸命になって、

頑張って

頑張って

頑張って

夢を追いかけ続けたら、

きっと13社目が見つかるはずですね♪


本日も「愛と誠」にお付き合いいただき、

ありがとうございましたm(__)m


次のページへ | 2/107PAGES | 前のページへ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク