給料袋への手紙

2010.10.30 Posted time/00:13 | 一緒に働く皆へ | - | - | page top ↑

 



今日のブログは、毎月従業員への給料袋に同封しているメッセージです。

高校生から50代の方まで、そしてアルバイトさんから管理職の方までという、幅広い従業員を対象に書かせてもらっています。

ワードの文章をそのまま貼り付けてますので、文字が少し読みにくい感じで申し訳ありませんm(__)m


一緒に働くご縁のあった皆へ


毎日のお仕事お疲れ様です。急に寒くなってきましたが、体調は大丈夫ですか? 体調管理も大事な仕事ですから、十分氣を付けてくださいね!!

 

さて今月は、数日前にブログでも書かせていただいた『天職』について、こちらでも書かせていただきます。


『天職』って聞いたことありますか? 天が与えてくれた仕事のことですが、一般的には自分に合っていると感じる仕事と出逢ったり、上手くいった仕事を表すような言葉と思われがちですが、僕の考えでは少し違います。だって、それじゃぁ一生天職にめぐり逢えない方が出てくるじゃないですか!?


 では何が天職か!?それは、今現在の仕事そのものが天職なんです!!人間すごい確立の中から生まれてきて、さらにすごい数の職業の中から、偶然のフリして選ばされた(笑)仕事が今の仕事です。これが天職じゃなくてどうします・・・


 中には『一時的なアルバイトだから』『自分には合っていない氣がするから』等、とても天職とは思えない、という方もいるでしょうが、最初から天職を感じたり、楽しいばかりの仕事があるはず無いんです。

 

 僕の自分事ですが、僕は高校を3ヶ月で卒業(笑)して、15歳の時に三重県の鈴鹿市へ働きに出て、工場で自動車の部品をダンボールに詰める仕事をしました。 その後鹿児島へ帰り、船屋さん、宅急便の仕分け作業、熊本へ来てからは、ファミリーレストランの厨房やトラックの運転手、そして最後はとび職をやって、やっと今の業界です。散々周りの人達に迷惑をかけ、やりたい放題やって来て、とても自慢できる職歴ではありませんし、履歴書を出したらどこも雇ってくれないような職数ですが、ただ一つ言えるのは『その時その時を一生懸命に頑張った』つもりです。もちろん最初はお金を稼ぐ目的のためだけの仕事でしたよ(汗)ただ、一生懸命に頑張ると、それなりの流れが来るんです!その後、どんな職業であっても、天職を感じ出し、意識し始めるんです!!

 

僕自身も、今の仕事も含め、天職だと思って始めたことはないし、どの仕事も大変なことばかりです。しかし、その大変さをどう意識するか、その意識の違いで全く人生の見え方が変わって来るんです、だからこうやって毎月のように、一緒に働く皆に言い続けているのは、どうせ仕事をする時間は拘束されて働くわけですから、有意義に時間を使って欲しいということ。それが、人生の目的である『幸せになること』に直結してると想いますので。

 

 その辺の話は、毎日ブログに書かせてもらってますので、良かったら読んでみてください。どうすれば一緒に働く皆に幸せになってもらえるか、日々真剣に書いてますので・・・PCも携帯も makoto13.jp で検索して出てくる『愛と誠』です♪


では、年末前の追い込み月間ですが、今月も氣合一発頑張ってください!!


藤原誠






【写真】明日が天気に台風一過で、良い天気になりますように♪
次の記事へ | ブログトップページへ | 前の記事へ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク