エモト・ピースプロジェクト

2010.10.06 Posted time/00:13 | スピリチュアルなお話 | - | - | page top ↑

 



本日こそは菌の話に結び着きたいところですが、肝心の写真が見つからない・・・(涙)

という事は、あと一日延ばしなさいというお告げと勝手に解釈して、今日も江本勝さんのお話。


江本さんが、今一番力を入れてらっしゃる活動の一つが『エモト・ピースプロジェクト』

2005年5月、国連総本部にて行った講演にて、世界の子供達へ6億5000万冊の『子供向け水からの伝言』を配布すると宣言し、そのために始めた活動だそうです。

すでに20近くの言語に翻訳されて、来年は中国でも大規模な配布が始まるそうです。


日本だけでなく、海外公演などもかなりの回数をされていて、今年7月27日のブラジル講演など、最後はスタンディングオベーションです♪


※真ん中の三角をクリック
※携帯の方はコチラをクリック http://www.youtube.com/watch?v=RAAAxvJJWnQ


世界中で、目に見えない世界に対して理解され始めているんですね(嬉)

そう思えば、確か江本さんは今ノルウェーでしたっけ?

ノーベル賞は普通スウェーデンですが、平和賞だけはノルウェーでしたよね!?

まさか!!

でも、そんな江本さんの活動ですが、ある意味一番消極的で、大反対して、足を引っ張り、批判する国があります(涙)

どこだと思います?






悲しいことに、日本なんです・・・

理由は、『科学で証明できない事を、子供達に教えるな』ですって・・・

情けないやら、悲しいやら・・・


だって、『いただきます』ってご飯に手を合わせたからといって、科学的に食べ物の分子構造が変わるかって言ったら、そりゃ変わりませんよ!!

そんなことくらい、誰だって分かってます(怒)

でも、食べさせていただく事に対しての感謝の氣持ちが、とても大切だってことを、今現在の科学で何の証明が出来るでしょうか!?

それとも、『いただきます』なんて言うこと自体、宗教チックなんて言うのでしょうか?

まったく、物とお金が全てという考えが強くなると、そのような考えになるんでしょね(涙)


僕も、お金は要らないなんて言っていませんし、お金はとても大切です。

お金が無いと、子供達にご飯も食べさせてあげられません。

お金が無いと、他人のことなど考えていられません。

お金が無いと、江本さんの絵本も寄付してあげられません。


ただ言いたいのは、お金がちゃんと流れてくる考え方や、生き方を皆で模索して、まず自分達がしっかりと金銭的にも、肉体的にも自立した上で、本音で人のために何かができるようになれたら最高ってことです。

そのためには、目に見えない宇宙の法則や、原理原則があるはずなので、それを上手く活用させていただくたくツールとして、江本さんが伝えようとしている『波動が水の結晶を変える』話が世界で一番分かりやすいと、僕は想ってます。

だから、何らかの形で応援させていただきたいんです!!


あ〜またブログを書きながら、だんだん熱くなって来ちゃった(笑)

さぁ明日こそは、菌たちの腐敗実験写真を探さなくっちゃ・・・


無かったらいただけませんか?

木津さぁ〜ん (^^ゞ





【写真】江本さんのサイン入り『こどもばん・水からのでんごん』を持ってニッコリの、経将(ツネマサ)&史麗(シレイ)


次の記事へ | ブログトップページへ | 前の記事へ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク