奈良&伊勢おかげ参り

2013.06.24 Posted time/00:13 | 今日の出来事 | - | - | page top ↑



送信者 ブログ用webアルバム


久しぶりのブログ更新で申し訳ありません。

よく「最近更新してないね」ってお声がけいただき、

「はい頑張ります」と答えるものの・・・


「やる」と決めれば、1年間毎日更新できたのに、

「出来るときに更新しよう」では月に1回も更新できない・・・


「決心」することがいかに大切か分かります(汗)


で結局、毎日少しずつが難しいので、

書ける時に、いっぱい書きますね(笑)


となると、細かく改行をする文章の書き方だと、逆に読み難い文章になりそうなので、そのまま横長に書かせていただきます。



先日、毎年恒例の「奈良&伊勢おかげ参り」に行って参りました。

もう何年になるのでしょう、毎年毎年行かせてもらってまして、僕の中での1年の区切りと言いますか、リセットと言いますか、特別な数日間になっています。

最初のきっかけは、写真を撮るようになって「綺麗な風景が撮りたい」と訪れた、三重県伊勢市の二見興玉神社の夏至祭だったように想います。

二つの岩がしめ縄で結ばれており、夏至の時期はその先に富士山が見え、その富士山の奥から日が昇るという最高の風景なんです。

ちなみに今日の写真は、今年の夏至祭の翌日6月22日の撮ったものですが、僕の写真が下手で富士山が分かりません(謝)


この景色を撮るために訪れたのがきっかけですが、せっかくの伊勢まで来たのですから「伊勢神宮にも寄ってみるか」くらいの感覚で伊勢神宮に行き、その空氣感に圧倒されてしまいました。

もともとそっち系は嫌いじゃないですし(笑)、なんとなく「ただいまぁ〜」という感覚になり、伊勢神宮についていろいろ勉強してみると、式年遷宮といって20年に1度、この1300年もの間ずっと建て替えを繰り返し、古い物を新しく引き継ぐことが繰り返されていて、檜の成長の問題もあるため、常に200年300年先のことを考えながら準備が行なわれているとのこと。

素晴らしいですね!!

今さえよければいい、自分さえよければいい、ではなくて絶対自分が生きていない時代の、子孫のことまでを考えての行い。

確か、インディアン達も7代先の子孫のことを考えて・・・なんて聞いたことがありますが、同じくらいでしょうか!?

そこで調子に乗って、毎年必ず式年遷宮のための寄付をさせてもらうことにしています。

だからといって、自分のお願いや祈願などは一切行なわず、ただただ「今年も1年間本当にありがとうございました、お陰様でこの1年も順調に商売をさせていただきましたので、遷宮がこれからも続きますようにささやかではありますが寄付をさせていただきます」という想いでさせていただいています。


そしてある年、「せっかくならお隣の奈良にも行ってみよう」と考え、「苗字も藤原だし、春日大社に行こう」となり、伊勢と奈良がセットの旅となりました。

春日大社も式年造替という呼び名で、伊勢神宮のように全部を新しくではなく、保存修理を行なっております。こちらは世界遺産ですので、伊勢神宮とは事情が違うのでしょう。

なので、春日大社にも寄付をさせていただき、伊勢神宮同様の想いを伝えさせていただいております。


さらに、今年のように多少時間に余裕がある時は、同じ奈良県内の三輪明神大神神社や、談山神社にも参拝させていただいております。

僕は小学生の頃、両親の離婚をきっかけに苗字が藤原になりました。で、その前は三輪だったんです。

三輪誠

ん〜しっくり来ないなぁ〜(笑)、でも父方は三輪ですので関係ないかも知れませんが、勝手に意味合いを付けて、ここにも参拝♪


そして談山神社は、西暦645年5月、藤原鎌足と天智天皇がこの地で行った大化改新の談合により、日本という統一国家が誕生したんだとか・・・

まぁこちらも僕とは関係ないのですが(本家の藤原家は藤原を名乗ってないので)、なんとここには13重の塔があるんです!!

となると、やっぱり無関係じゃないような氣がして、行かせてもらってます。


そんなこんなの毎年恒例「奈良&伊勢おかげ参り」を、今年も無事に終えることができまして、昨年は時間が作れず参加できなかった二見の夏至祭にも、今年は参加させていただき大満足な数日間でした。

これでリフレッシュも完了しましたので、また1年ご縁のあった皆さまと、精一杯「人生という名の経験」を楽しませていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します。


本日も、藤原誠の「愛と誠」にお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

では最後に、年に一度のふんどし姿のサービスを(笑)

※今年の夏至際にて


送信者 ブログ用webアルバム


多くの方々にお世話になりながら仕事をさせていただいている身ですので、特定の宗教や政党の話はご法度なのは分かっております。今回のブログは、宗教的は話ではなくて個人的に毎年行っている旅行の記事としてお読みいただけますと幸いです。


次の記事へ | ブログトップページへ | 前の記事へ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク