ある人の死を通じて

2012.05.20 Posted time/00:13 | 今日の出来事 | - | - | page top ↑





ある人の死を通じて、つくづく想いました。


人は、

この世に、何も持たずに来て、

あの世に、何も持たずに帰る。


当たり前ですね・・・

ただしそれは、物質的なお話。


でも実は、

沢山の今生での目的を持って生まれ、

沢山の人々に影響を与える生き様を残し、

沢山の「人生」という名の経験を持ち帰る。


人生とは何か?

この世とは何か?


平凡に暮らさせてもらっている今から、自分なりの答えを意識することが大事だと想う。

この世が全てではないけれども、今はこの世に生かされているんだから・・・


死ぬことは、悪いことでも悲しいことでもなく、魂にとっての一つの区切りというか、節目のようなもの。

だから、


「お疲れ様でした、ではまた後ほど♪」


そう言って、お送りさせていただきたい。

そして、僕自身もそう言って送ってもらいたい。

だって僕も、いつか絶対に死を経験しますから・・・


本日も、藤原誠の「愛と誠」にお付き合いいただき、ありがとうございました。


※お知らせ※
本日より数日間、ミャンマー出張のため、携帯電話と携帯メールが通じなくなります。
ホテルにインターネット環境があれば、PCメールのみ返事可能かも知れません。

次の記事へ | ブログトップページへ | 前の記事へ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク