ボーナスについて

2012.04.04 Posted time/00:13 | 仕事について | - | - | page top ↑

 



東電が、夏のボーナス支給を、見送る方針らしいですね。

僕は当然だと想います。


ボーナス(賞与)とは、そもそもが普段の給料と違い、その会社の業績に応じた特別配当、または報奨金なんです。

民間の会社は、今時ボーナス無しなんて当たり前。

それなのに、国家が大赤字なのに、公務員にボーナスが出るのはおかしいし、ボーナスが上がるなんてもってのほか!!

当然、赤字どころか倒産してもおかしくない、東電の社員にボーナスが出るのはおかしなこと。

そう想いませんか?


「大手だから、ずっとボーナスがもらえることを当てにして、生活設計を立てていた」

あまい!!

銀行が潰れ、自治体が破産する世の中、

「大手だから」「公務員だから」

ボーナスがもらえ続けるなんて考えは、今どき通用しません。

でもでも、経営者としては意地もあるし、多少業績が下がってもボーナスを出し続けたいもの・・・


だから、社員諸軍に告ぐ!!

「この社員にはボーナスを出してあげたい」

そう想わせるような、仕事っぷりを魅せてもらいたい!!


どうすれば良いかって?

それは、会員様やお客様の求めている価値観をしっかりと把握し、

頂くもの(お金)をしっかり頂き、それ以上の満足(喜びと感動と幸せ)を提供する。

その積み重ねが信用として層になり、同時に売り上げが積み上がるのです。

業績を上げる方法は、それ以外には無いし、近道もありませんから・・・


本日も、藤原誠の「愛と誠」にお付き合いいただき、ありがとうございました。

次の記事へ | ブログトップページへ | 前の記事へ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク