除草剤耐性とは

2011.05.08 Posted time/00:13 | 食糧について | - | - | page top ↑

 



除草剤耐性

今日はこのネタですね!!


耐性とは、耐える性質を獲得すること。

まぁ簡単に言いますと、効き目に慣れるといった感じです。


よくニュースなどで、多剤耐性菌とかMRSAとかに集団感染して、病院で何人死亡した(涙)

って聞きません?

あれは、様々な抗生物質に耐性を持った菌で、どうしようも無いんです。


それと一緒で、ある特定の遺伝子組み換えしてある種は、その種とセットになる除草剤に対して耐性を持っているということです。

例えば、『ラウンドアップ』って聞いたことありませんか?

モンサントという会社が作っている除草剤です。


そのラウンドアップに耐性を持つ菌のDNAを使い、遺伝子組み換え作物が作られているのです。

どうやってその菌を探すのか!?

見つけるのは簡単なんですって♪

だって、除草剤工場の排水溝付近で生きている菌は、既に耐性を獲得していますので・・・

そして、耐性菌のDNAが作り出すタンパク質のお陰で、ラウンドアップとうい非常に強力な除草剤を撒かれても、他の生物は死んで行くのに、遺伝子組み換え作物だけは死なないのです(驚)


凄い技術ですね!!

だから、

農業が楽になる

効率が上がる

結果、食糧危機を救え

儲かります

なんてお話・・・


でもでも、何かおかしい氣がしますよね!?

その皆さんの、何となく感じる『氣がする』という勘

正解だと想います。


では明日は、遺伝子組み換えのデメリットを、ご紹介させていただきますね♪

本日も『愛と誠』をお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m





【写真】はとのエサの豆も、遺伝子組み換えだろうか?
次の記事へ | ブログトップページへ | 前の記事へ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク