3台目のフェラーリ

2011.03.31 Posted time/00:13 | 藤原誠について | - | - | page top ↑

 



では本日は、昨日の話の続きです。


お陰様で、憧れのフェラーリも、3台乗ることが出来ました。

MLM(ネットワークビジネス)の仕事を始めて2年。

初めてフェラーリを買ったのが、26歳の時でした。

もう嬉しくて嬉しくて♪

真夜中の高速道路(長いトンネル内)を、300キロでブッ飛ばしてみたり(汗)

しかし、そんな大切なフェラーリは、今は我が家にありません。


日曜日の自転車練習中、

『そう想えば、フェラーリは鹿児島のお好み焼屋さんに、消えて行ったんだった!!』

と想い出しました。

さらに、売却時、積載車に積まれて行く時は、

『ドナドナ』の歌が頭を流れ、ちょっぴり悲しかった事まで想い出してみて・・・


『こんなに頑張っているのに、なぜ手放さなければならないのか?』

当時、もう一人の自分は、こう言っていました。


ちょうどその年の9月、熊本のお店をオープンさせる準備中で、80席のお店ですからそれなりにお金もかかります。

それなのに、その前月の8月、鹿児島店(120席)をやろうと決めたのです!!

お盆休みで鹿児島に帰り、母親を指宿の温泉に連れて行く途中、本部から物件の案内があり、ちょっぴり見てみようと立ち寄り、めぐり逢ったが運のつき♪

『ココは行ける』

とその時、天の声が!!

なんて、嘘です(謝)

ただの直感です。


でもすぐに敷金を入れないと、流れてしまいそうな物件。

ならば、一番手っ取り早くお金になる、車を売ってしまおう(涙)

という理由で、フェラーリはドナドナされて行ったのでした・・・


一人自転車を漕ぎながら、そうだったそうだったと、過去を振り返り、

『でもその直感、ドンピシャ当たったな!!』

と、もう一人の自分が、自転車を漕いでる自分を、褒めるんです♪

だって鹿児島店は、あれからもう2年も経つというのに、今月も1300万円を超える、なかなかの繁盛店ですから(嬉)


そして、もう一人の自分はこうも言うんです(驚)

『そろそろ落ち着いて来たし、買い戻しても良いんじゃないか!?』


でも自転車を濃いでる自分は、

『どうせまた、買っても乗らないでしょ!?』


するともう一人は、

『そろそろドアが上に開く、ランボルギーニなんかどうだ!?』


ここで、自転車を漕ぐ自分は、あることを想い出しました♪

『言われてみれば、小学生の頃はフェラーリよりも、ドアが上に開くランボルギーニのカウンタックが好きだったんだ!!』


・・・以下自粛(笑)


でもこんなことを考えられるのも、一緒に働いてくれる皆のお陰、お客様のお陰、大家さんのお陰、本部のお陰、ご先祖様のお陰、八百万の神のお陰・・・

さらには、他のグループ会社でもお世話になっている、沢山の方々のお陰です。

『いやぁ〜有り難いなぁ〜』

と、感謝の氣持ちでいっぱいになりながらの、自転車40キロでした。


では明日は、最後のランニング10キロでの出来事について、書かせていただきます。

本日もお付き合いいただき、本当にありがとうございましたm(__)m

最後に、フェラーリよりもランボルギーニが良いと想われる方は(笑)、ポチッと1クリックお願い致します♪

人気ブログランキングへ ←ココをクリック





【写真】今は亡き、3台目のフェラーリF360スパイダー
次の記事へ | ブログトップページへ | 前の記事へ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク