無薬療法

2011.02.12 Posted time/00:00 | 健康や病気について | - | - | page top ↑

 



『無薬療法』

こんな言葉を、聞いたことがありますか?

昨日ご講演いただきました、沖縄県ハートフルクリニック院長、平良茂先生の言葉です。


元々は、心臓外科の先生だったそうです。

しかし一旦治してあげても、また病氣になり戻って来る・・・

その返しの患者さん達を診ていて、

『これは違う!!』

と氣付き、統合医療と言われる世界へ入られたそうです。


そして、様々な情報を集め、研究をしながら最終的に辿り着いたのは、

食事、運動、睡眠の生活習慣を正さなければならない!!

ということだそうです。


そんなこと当たり前じゃないか!?

なんて、言わないでくださいね(笑)

皆様の周りの病院で、食事、運動、睡眠について、詳しく聞いてくる先生がいらっしゃいますか?

少しは聞かれることがあっても、本当に親身になってそんなこと聞いてくる先生は、なかなかいませんよね!?


だって、そんなことやってもお金になりませんから。


さらに、『ウチのクリニックには、卒業があります』

とおっしゃります。

治らないと言われるような難病でも、ちゃんと治る人がいて、その後の生活習慣をしっかりと指導した上で、卒業なんだそうです。

すごいですね!!

普通は、終わりの無い治療や投薬こそ儲かると言われていて、最近は統合失調症の薬の処方が流行っているというのに・・・

その前は、高血圧の薬でしたよね(汗)


そして最後におっしゃられた、自分が目指している医療のことを、エジソンが昔から言っていた、という言葉。

エジソンの友人であった、Melvyn R Werbachの、第三の医学に書かれている言葉そうです。


『将来の医者は薬を出さない。そのかわり患者に人間の体、食事、病氣の原因と、予防のことに関心をもたせるようにする』

トーマス・A・エジソン


ん〜正に『無薬療法』だ!!

こんな先生が増え、そして本当に病氣を治した先生が儲かる、そんな医療制度を作らなければ、本当に日本は医療費で沈没してしまいます(涙)

そのためにも、『薬を飲まないでください』とまでは言いませんので、『その薬が本当に必要なのか?』くらいは意識したいものです。


本日もお読みいただきまして、ありがとうございますm(__)m

また最後に、ポチッとお願いいたします。

人気ブログランキングへ ←ここをクリック





【写真】無許可で勝手に掲載の平良先生(謝) かなりのイケメン先生です♪
次の記事へ | ブログトップページへ | 前の記事へ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク