キッシンジャーという人物

2011.01.20 Posted time/00:13 | 食糧について | - | - | page top ↑

 



さて、昨日の続きで『キッシンジャー』とは何者なのか!?


まぁキッシンジャーは余談なので、そんなに詳しく話する必要は無いが、なかなか面白い経歴なので・・・

両親はドイツ系ユダヤ人で、15歳の頃アメリカへ亡命している。

その後、ソ連のスパイNKVDとしてアメリカへ送られたことが分かったものの、当時のマインドコントロール施設、スタンフォード大学のSRIへ送り込まれ、更なる洗脳を受けアメリカのCIAとなっている。

ん〜壮絶な人生だ。

だから、いまだに厳しい対ソ連認識なんだそう(驚)


その後、核兵器の原料となる、ウランを採掘する鉱山を所有する、オッペンハイマー財団との親類関係を武器に、政治の世界で頭角を現し出す。

そして、ロックフェラーが大統領選に出馬した時の外交顧問、その時に勝利したニクソンの大統領補佐官、さらにその後のフォード政権時は国務長官まで兼任。

凄い人なんですねぇ〜

そのキッシンジャーが1970年代の、石油危機と穀物危機の真っ只中、国防長官として言った言葉が、


『食糧をコントロールすれば、人口をコントロールできる』


なのです(驚)

とまぁ今日は彼の経歴だけで終わりそうですが、食糧をコントロールするにはどうすれば良いのか!?

その秘密が、遺伝子組み換え(GMO)なんです!!


日本では、『効率的な農業』『環境に優しい』『世界の飢餓を救う』などと宣伝されていますが、とんでもない(怒)

ヨーロッパ(特にドイツ、フランス、オーストリア、ギリシャ)では、遺伝子組み換えが人体に及ぼす悪影響が、様々な臨床試験等で確認され、大反対だったのです!!


残念ながら『だったのです』という言い方ですが・・・


こんな話ばかりじゃ、読むのもつまらなくなってしまいそうですが(汗)

安ければよい

形が綺麗ならよい

味が付いていればよい

という、今の世間一般的な『食に対しての認識』を変えるために、お付き合いいただけると幸せです。


本日も最後までありがとうございますm(__)m

最後に、ブログランキングへの1クリックいただけると嬉しいです♪

人気ブログランキングへ ←ここをクリック





【写真】UFO出現か!?と思いきや、駐車場の照明でした(笑)
次の記事へ | ブログトップページへ | 前の記事へ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク