医療を受ける側も・・・

2010.11.24 Posted time/00:13 | 健康や病気について | - | - | page top ↑

人気ブログランキングへ 




そして医療を受ける側についても、ひと言。


自分や家族だけは長生きさせたい氣持ちは分かりますが、その目標を達成すること=地球にとっての癌じゃありませんか?

みんなが300歳も500歳も生き続けたら、この地球はどうなりますか?

ご自身で健康に氣を付けて、自分の手でご飯を食べれて、自分の足でトイレに行けるような生活での長生きならまだしも、今の日本の現状は・・・

平均寿命が女性は世界一なんて話は有名ですが、健康寿命と亡くなる寿命の開きもまた世界一なんです。

確か、平均で7年くらいは寝たきりなどで介護を受けてから、亡くなられるのではないでしょうか!?


スパゲッティ症候群って知ってますか?

毎日無性にスパゲッティが食べたくなる!!

ではありません(笑)

亡くなる前の数年間、体中に管が張り巡らされ、それがスパゲッティのように見えるから、そう呼ばれるんだそうです(涙)

ある程度の治療を行った上で、自分の力で生きられるところまでが寿命でも良いのではないでしょうか・・・


機械の臓器と入れ替えてまで、生き続けなければなりませんか?

他人の臓器をもらってまで、行き続けなければなりませんか?


美味しいものが沢山食べたい。

あんまり身体は動かしたくない。

病気になったら治してもらいたい。


ある意味、その貪欲さが文明を発展させたのですから、大いに結構。

でも、もうある程度、今の方向性には限界を感じていますよね、皆さんも。


そろそろ一緒に、次の文明へ向かう準備を始めませんか!!

そのきっかけを、自分たちの心から作り出して行きませんか!!

心構えが変われば意識が変わり、意識が変われば行動が変わります!!

僕は、健康と食の分野からそれを行うことに、本氣です。


さて本日は、医療を受ける側の、生かし過ぎ医療への考え方について書かせていただきました。

明日は、やり過ぎず生かし過ぎずの医療施設について、具体的に書いて行こうと考えています。


それでは、最後にブログランキングへの応援クリックを、1日1回いただけたら有り難いですm(__)m







【写真】昨日の奈良での1枚 亀には亀の悩みがあるのでしょうね、亀は万年の寿命ですから(笑)
次の記事へ | ブログトップページへ | 前の記事へ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク