医療を受ける側の意識

2010.11.15 Posted time/00:13 | 健康や病気について | - | - | page top ↑

 



本日は朝からバタバタで、すっかり更新が遅くなってしまいました(^^ゞ

さて本日は、医療を受ける国民の意識について。


みなさん、国民健康保険や社会保険などの公的な保険には加入されてますか?

って、ほとんど全員の方が入られてますよね。

国民皆保険制度ってやつです、はい。


では、保険金を納めているから、病院を使わないと損って思われてませんか?

そこまで思わなくても、病氣になったら病院へ行こう、とは思いますよね?

残念ながら、そんな夢のような時代はそろそろ終わろうとしています(涙)


最近では、ある年代以上の方々の趣味が、『病院のハシゴ』なんて聞きません?

そして、収集しているのは、『飲まないけど、一応出されたお薬の山』

いつか飲むんじゃないかと思って、勿体ないから捨てられない・・・

それでも、日々のローテーションは楽しみだから休めない、なんて(驚)

月曜日は内科で、水曜日は整形外科、金曜日は眼科で・・・

たまに病院を休むと、『●●さん具合でも悪いんじゃないの?』なんて病院仲間から言われて・・・


具合悪いから病院通ってるんでしょ!!

って、きっと今みなさん突っ込みましたよね(笑)


さてここで、長期間病院へ通っている方へご質問です。

Q1、今何年通ってますか?

Q2、少しは改善してますか?

Q3、いつまで通い続けるのですか?


結構多い答えが。

A1、もう3年とか、10年近くとか

A2、年々悪くなってきている

A3、歩ける間は通い続けて、歩けなくなったら入院する


いかがでしょう?

周りにいませんか?こんな人(汗)

全然治らなくても、先生を怒る人は少ないんですよね。

何故だと思いますか?

その話はまた明日(^^♪


では、遅い更新にも関わらず、また今日も下のブログランキングを、ポチッと押していただき、開いていただけると幸せですm(__)m

今日は、ハートのブログランキングで・・・

人気ブログランキングへ

現在5位でした。





【写真】スポットライトを浴びる(笑)もみじ
次の記事へ | ブログトップページへ | 前の記事へ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク