脳を耕す

2011.09.01 Posted time/00:13 | お薦め本などの紹介 | - | - | page top ↑

 



本日は、読書の効果について。


最近、毎朝ブログを更新しないので、少し時間を作りやすくなりました。

そこで、山のように溜まっている本を、少しずつ読んでいます。

そんな中、本日読んだ本の題名は、


「また、必ず会おう」と誰もが言った。


内容は、ある高校生が夏休みの一人旅で、様々な人に出逢ながら、

使命とは何か?

に意識を向けるきっかけを与えられる、というもの。

凄く読みやすい文章で、あっという間に読み終えてしまいました。


そんな読書には、大きく分けて2つの効果があるように想います。

1つは、以前ACのCMであった『知層』のように、脳へ知識を入れる効果。

そしてもう1つは、新しい考え方や、刺激を受けることにより、脳を耕す効果。


脳を耕す!?

そうです、耕すんです(笑)

人間、歳をとればとるほど、それまでの人生で見聞きしたり、経験したりしてきた常識で、考えや発想が凝り固まって来ますよね?

その凝り固まった脳(畑)に、いくらチャンス(種)が降って来ても、根を下ろすことも出来ないし、花を咲かせることも出来ない・・・


今まではこうやってきた

以前はこれで上手くいった


だなんて、過去で踏み固まってしまう。

そして、新しい花(新商品や新商売)が咲いてみて始めて、あの種はあんなに綺麗な花の種だったんだ!!

なんて、言ってみる(汗)


だから様々な方法で、普段から脳を耕す努力をお勧めします♪

そのために、一番効率がいいのが読書なんですよねぇ〜

とういうことで、本日は読書の薦めでした。


さぁ今年もあと3分の1となりました。

その残り4ヶ月の時間(命)を、どのように使いますか!?

ハッキリしない方は、この本を読んでみるのも良いかも知れませんよ!!


本日も、藤原誠の『愛と誠』にお付き合いいただき、本当にありがとうございます。





【写真】紹介した本の表紙です

スーパー小学生『嵐士くん』

2011.03.04 Posted time/00:13 | お薦め本などの紹介 | - | - | page top ↑

 



本日は、スーパー小学生“嵐士くん”のご紹介♪


嵐士(あらし)くんは、生まれ付きの持病をもっていたのですが、そんなことは微塵も感じさせない、超ウルトラスーパープラス思考なんです。

そして、どうもつながっています(笑)

どこと?

そりゃ僕と、赤い糸でですよ!!

なんちゃって(汗)


ではなく、あっちの世界とです。

見えているのか、感じるのか、どのようなつながり方かは分かりませんが、話の内容が凄過ぎるんです(驚)

ちなみに、以前紹介させていただいた記事です↓

ピンチの向こうにチャンスあり http://makoto-013.jugem.jp/?eid=143

嵐士くんの凄さについて http://makoto-013.jugem.jp/?eid=144


いかがですか?

小学3年生ですよ!!

そして今回驚いたのは、なんと彼はブログをやっていたのです♪

早速、どんなこと書いているのかなぁと、拝見させていただいたのが3月2日の記事。

書かれている内容はこのような言葉。


三年生もあと13日。


今週は、テスト週刊。


毎日、終業式の日まで


あと何日かカウントダウンしている。


えっもう三年生が終わるの?


びっくりギョウテン!!


雨の日も雪の日も休み時間に


ドッジボールをしたのが


3年生で一番心に残った。


あと13日、13は宇宙の数字。


13は僕が好きな数字。


残りの13日はたくさんの友情物語を創っていこう。



どうですか!?


ハンパじゃないでしょ!!


しかも、更新時間が13分13秒(驚)


凄すぎて、言葉が出ません・・・



ブログのアドレスは


嵐士の夢日記 http://ameblo.jp/unicorn-1-3/


しかも、アドレスにも1と3が入ってる!!



もしこのブログをお読みの方で、ご共感いただけましたら、彼もブログランキングに参加中で、小学生の部門で只今第4位ですので、応援クリックいただけると嬉しいです♪


ランキングの上位に来ると、全く関係ない小学生たちも『どんな内容なんだろう』と、そのブログを見ることになります。


そこで嵐士くんの、宇宙について考えたり、意識したりということに共鳴して、多くの子供たちが目に見えない世界に氣付き、日常生活に活かせることが出来れば、素晴らしい未来が訪れること間違いなしですので(^_-)-☆


是非是非、応援宜しくお願い致します。



ん〜こちらの世界での、年齢という意味では僕の方が先輩ですが、魂という見方でいくと、どうやら彼の方が先輩のようです(汗)



本日もお読みいただき、本当にありがとうございますm(__)m


ついでに僕のランキングも、ポチッと1クリックいただけたら幸せです♪


人気ブログランキングへ





【写真】嵐士くんからの手紙と絵葉書

ヒア アフター

2011.02.20 Posted time/00:13 | お薦め本などの紹介 | - | - | page top ↑

 



昨日、『ヒア アフター』という映画を観て来ました。


昨日からの公開だったため、さっそく映画館に行ってみると、ちょうど10分後からの上映スタート!!

来てるじゃないですか〜流れが(笑)


では、どんな映画か紹介させていただきます♪

『ヒア アフター』とは、映画の中では『来世』と訳されていましたが、僕の映画を観た感想としては、『あの世』とか『死後の世界』、『向こうの世界』などと訳した方がよさそうでした。

監督はあのクリント・イーストウッド。

そして、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグ。

いやぁ凄い顔ぶれですが、そろそろ皆さん死後を考え始めるお年頃(失礼)なんですかね!?


内容としては、『向こうの世界』と繋がってしまうことに苦悩する男性と、初めて繋がってしまい、周りの理解を得られず苦悩する女性、そして死んだ兄弟と繋がりたいけど、なかなか本物に出逢えずに苦悩する少年の物語。


ストーリーをあまり話すると、これから見る人が面白くなくなってしまうので話しませんが、正直ちょっと微妙・・・

前半に予算を使い果たしたのか、途中でスポンサーが降りたのか分かりませんが、せっかくのイーストウッドとスピルバーグのコンビななのに(涙)

でも、観る価値は十分にありますよ!!

何でかというと、内容はまんざら想像だけで作られた内容ではない。

そんな氣がしますので・・・


例えば、向こうの世界と繋がる男性のことを、商売にしようとする身近な人間。

その身近な人間の口説き文句が『その力を人助けに使えばいい』

でも本人は、『助けて欲しいのはこっちの方だ』と特別な自分に悩む。


津波に吞まれてしまい、そのショックで向こうの世界を垣間見てしまう女性。

現在、心肺停止状態になった人の10人に1人くらいの確率で、何らかのスピリチュアル能力が、突然開花してしまうことが分かっていますので。


とても仲の良かった兄弟が死んだことで、その兄弟と逢いたい、話したいと様々な霊能者に逢いまくるが、あやふやな言い回しの偽者ばかり。

そして、ちょっとしたアクシデントという流れが、逆に命拾いする結果に。

さらに、向こう世界の兄弟が『こっちは凄いぞ、何でもできる』

と、あたかも楽園であるかのような発言。


ん〜あんまり詳しく話するといけないので、とにかく皆さん時間を作って、是非観に行ってみてください!!

『今』この映画を観たことで、何かを信じてくださいではなく、観たことが頭の片隅に残ることが大事だと想います。

そしていつか、日常生活の中で『あれ?これどこかで見た事ある』なんて『流れ』と繋がるかも知れませんよ(笑)


それでは、本日もありがとうございました。

最後に、僕と繋がりたい方は(笑)是非ポチッと1クリックお願い致しますm(__)m

人気ブログランキングへ ←ここをクリック





【写真】映画を観た後、ブログ用に1枚パチリッ

水琴の音

2010.09.15 Posted time/00:13 | お薦め本などの紹介 | - | - | page top ↑





本日は、義理の弟からの紹介で最近買った本(CD)のご紹介。

幸運の連鎖を招く『水琴の音』CDブック

著者が大橋智夫さんで、出版社がマキノ出版です。


付録のCDを聞いてみると、なんともいえない心地よい感じの水滴が落ちる音、その音が周りに響き、鍾乳洞の中で瞑想でもしているような、とてもリラックス出来るCDでした。

お値段も解説本にCDが付いて、税込み980円ですから、清水の舞台から飛び降りるほどの覚悟はいりませんので(笑)、ものは試しに買ってみてはいかがですか!!


ちなみに、『はじめに』から少し抜粋させていただきますと・・・

水琴は、水滴が奏でる音階のない楽器です。その音には、「高周波」がたっぷり含まれています。

心と体に最高に心地いい、響きとゆらぎをもった高周波です。

その高周波は脳のエネルギーとなり、体の一つ一つの細胞を活性化します。

本誌付録のCDは、陰陽五行説に即して、エネルギーがスムーズに循環し連続していく「音のマンダラ」を構成しています。

とあります。

しかも裏表紙には、『流せばその場がパワースポットに一変!』などと書いてあるではないですか!!

それはそれは、とても良いことですね♪

まぁこんな単純な客がいるからこそ、この手の商売も成り立つのでしょうが、自分なりに良いと感じたので紹介させていただきました。

しっかし、『義弟も、なかなかやるのぉ〜』なんて感心した今日この頃でした・・・





マヤの知恵 9月16日(木)

流れ・・・中心を定める
ポイント・・・生命を育む・大切にする 誕生の力

生命を育む・大切にする、誕生の力という意識を感じて
新しく生まれ出る物事を大切に育むという意識で
中心を見極めてみてください

FOODMATTERS−食という処方箋

2010.08.17 Posted time/04:13 | お薦め本などの紹介 | - | - | page top ↑


本日は、お薦めDVDのご紹介!!

先日、福岡でお世話になっている大西さんから『これ知ってますか?』といって教えていただいたのが、FOODMATTERSというドキュメンタリーでした。




早速DVDを注文して見てみたら、なかなか面白い内容のDVDでした。

内容を簡単に説明しますと、
〆食べている食べ物がおかしいということ
∈の医学では慢性疾患の治癒は難しいということ
9眷仕戰咼織潺C の注射で病気が治るのに、医学会がそれを排除しようとすること
い世ら生野菜のビタミンや、海藻などの微量元素と呼ばれるミネラルを摂ったほうが良いということ

あたかもビタミンC の注射で全ての病気が治るような話は少し?ではありますが。
まぁ日本で言う『医食同源』という言葉のアメリカ版みたいな感じですかね!?

中でも印象的な言葉が、紀元前460〜370年と超大昔のヒポクラテスさんって方が言っていた言葉だそうで『食をして薬となし、薬として食となせ』という言葉。
すごいですよね、まだ注射もレントゲンも麻酔も無いような時代の話でしょうから(笑)

そして、『慢性の栄養失調です』だなんて・・・
今このブログをご覧の方で、栄養失調の方いらっしゃいますか???

でも今の食事では、カロリーや脂質ばかりが過剰で、ビタミンやミネラルは足りてないんです。

さらにDVDでは、『日本人の発ガン率が低かったのは、海藻を食べていたから、その中には抗癌微量元素が入っています』と言っています。

そして最後には、『私達の決意一つで、食文化も変えられる。地球を破壊しているのは主に農業です。私達が食の選択を変えれば、農業も変わります』と言っていますが、まさにその通り!!

僕の仕事は、全てが食に関係することと、健康に関係することですので、とても参考になりました。

このDVDは1枚4,000円ですが、100枚まとめて買うと2,000円になるので、欲しいコールが多かったらまとめ買いも考えますね。

まずは、ダイジェスト版がありますので、パソコン・iPad・iPhoneなどでネットに繋がる環境の方は、下記アドレスからどうぞ♪ 携帯の方はゴメンナサイ・・・
http://www.youtube.com/v/dgiR7awouZk?fs=1&hl=ja_JP


そして紹介していただいた大西さんは、身体に優しい自然食関連のショップや、ミネラルたっぷりのピザを提供されてますので、興味のある方は是非是非♪
http://6909.teacup.com/genkibatake/shop

さぁこれからの時代は、品物を山のように口に入れると2人に1人が“癌”になる時代ですから、何が正しいのか、本物なのかを自己責任でしっかりと判断して、人に良い物=食べ物を腹6分にする時代ではないでしょうか?

あ〜食のことも書き出したら止まらなくなってしまうので、またいつか・・・





※仙台の佐々木さん、暖かいメッセージをありがとうございます、コメント欄がなくて申し訳ありません。これからも宜しくお願い致しますm(__)m
次のページへ | 1/1PAGES | 前のページへ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク