いよいよ40歳

2013.10.16 Posted time/00:13 | 藤原誠について | - | - | page top ↑

送信者 ブログ用webアルバム


いやぁ〜またまたブログを放置してしまいまして、本当に申し訳ありません。

週一くらいは書きたいのですが、なかなか軽くかくことができず・・・

頑張ります!


さてお陰さまで10月10日、無事に40歳を迎えさせていただきました。

沢山の方々からお祝いのお言葉、お花、ケーキなどなどいただき、本当に幸せ者だなぁと感謝の氣持ちでいっぱいです。


子供の頃の40歳って、めっちゃオジサンな感じでしたので、自分が40歳になったという実感はなく、ただ形式上40歳になった感じです。

しかし現実は40歳・・・

リンカーンの有名な言葉で、「男は40歳になったら、自分の顔に責任がある」とあるように、いよいよ「若いから」では済まされないお年頃になってしまいました(汗)


決してこれまでの人生、世間の皆様に胸を張って自慢できるようなことは何も出来ていませんし、自分の事だけを最優先に考えなくなったのも、ここ10年くらいのことです。


無免許でオートバイを乗り回し

高校は3ヶ月で卒業し

職を転々と。


20代で離婚も経験し

大勢の方々に迷惑をかけ

好き勝手に生きて来てしまったように想います。


そして30歳で独立し

無我夢中の10年間

何とか会社を潰さずに来れたこと

これだけは「信用」という意味で

自分を褒めてあげたい。


今は、昔とは比べ物にならない人数の方々の生活に影響を及ぼすような、仕事上の立場となりましたので正に、

「男は40歳になったら、自分の顔に責任がある」

だなぁと自分自身に言い聞かせています。


これからの人生は、今以上に少しでも胸を張って生きて行けるよう、たとえ掲げる理想が綺麗事のように聞こえることだとしても、自分に嘘をつかず、他人に嘘をつかず、生かされている限り、本音でこの人生を全うして生きたいと考えております。

こんな藤原誠ですが、どうぞこれからも宜しくお願い致しますm(__)m


本日も、愛と誠にお付き合いいただき、ありがとうございました。


アイアンマンに出場

2013.09.02 Posted time/13:00 | 藤原誠について | - | - | page top ↑



送信者 ブログ用webアルバム

8月31日に洞爺湖で初開催された「アイアンマンジャパン北海道」に参加し、無事に完走させていただきました!!


3年前の誕生日「トライアスロンに出場します」と宣言し、練習を開始したところ25メートルも泳げず、それでも何とか一昨年5月にオリンピックディスタンスと呼ばれる、スイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ(総距離51,5キロ)のトライアスロンに完走しました。

当初はその1回きりのつもりが・・・

でも皆から、「トライアスロンって最後にフルマラソン(42,195キロ)なんでしょ?」とか、「それってアイアンマンってやつ?」って聞かれ、その度に「いやぁ〜僕が出場したのはもう少し距離が短い大会で〜」なんて説明することになり、結局「じゃあ一番長いやつも完走しよう!」となりました。単純ですね(笑)

だって僕もそうでしたが、トライアスロン=鉄人レース=アイアンマンですもんね。


きっかけはそんな調子だったのですが、だんだんとひたすら同じ運動を長時間続けることで、いろいろなことを考える貴重な時間=トレーニングの時間となるなど、日常生活でも様々なメリットがあることに氣が付き、結局最終目標のアイアンマン出場まで来ました。

スイム3,8キロ

バイク180キロ

ラン42,2キロ

総距離226キロ


距離だけならどうにかなる自信があったのですが、少し準備の甘さが出てしまい、後半大変なことに(汗)

普段から食事の量が少ないのですが、大会前2週間くらいは頑張って普段以上に食べ込んでいたものの、練習で補給食と呼ばれる走りながら栄養補給することをあまりやっていなくて、本番のバイク100キロ過ぎから永遠と25キロも続く登り坂区間で、予定していた量が喉を通りにくくなり始め、最後のラン20キロからは全く飲み食い出来ず・・・


いやぁ本当に辛かった・・・


勝ち負けを争う勝負ではない、大人の趣味としてのスポーツ。

だから結局、いつも自分との闘いなんですよね。

ラスト10キロ、残り時間は3時間もあるから、全部歩いても間に合うのは分かっていたけれども、全部歩くことは自分自身が許せない。

しっかり考えた上で計画的に準備していれば、こんな目には合わないで済むんだし、実際僕よりも20歳は年配の方にも抜かれたし、どう考えても体重50キロもないようなか細い女性からも抜かれたから、年齢や体格の問題ではないのも分かっていました。


「大好きな自分は、いつも自分の期待に応えてくれたし、これまでの人生で自分が自分を裏切る事なんて一度もなかったし、今回だってきっと最後まで頑張ってくれるはずだ。」

そう自分自身に言い聞かせ、自分と向き合い、様々なことを自問自答しながら、洞爺湖の反対側に見える10キロ先のゴール目指して、暗闇の中を一歩一歩進んで行きました。

そしてそして、もう情けないくらいにフラフラのヘロヘロになりながらでしたが、総距離226キロメートルのアイアンマンディスタンスを、何とか無事に完走させていただきました。


完走タイムは、15時間20分


ゴールしてみて、改めて振り返ってみると、「仕事と一緒だなぁ」と感じました。

何事も最初目標を決めた時は、それまでの自分が経験したことの無い領域。凄く遠く感じたり、自分に出来るのか不安になったり。

でもそこで諦めたり、「どうせ自分なんて」って自分で自分を見捨てたりしなければ、あとはコツコツコツコツ、しっかりとしたゴール(目標)さえ決めていれば、ちゃんと到達(達成)出来る。

これはある意味、三次元と呼ばれるこの世の法則なのかも知れません。

時間があり、重力があり、距離があり。

いや、少し言い方が違うかな?

時間を感じ、重力を感じ、距離を感じる。

その「感じる」ことに意味があり、そのためにそれぞれが「個」の存在であるかのように自分自身を感じ、生きることを経験する意味・・・

あ〜トライアスロンの話から脱線して来ましたね(汗)


この辛さを経験すれば、日常生活での大概の辛さなんて、大した辛さとは感じないだろう。

そう想えてならなりません。

というか、そう勝手に想いながら、これからも生きていれば日々目の前に出て来るであろう無理難題や、様々なトラブルと上手に向き合い、これまで同様に少々背伸びしたチャレンジ精神で、ご縁のあった皆様と楽しくワクワクする仕事を、一生懸命(あえて一所じゃなく一生)楽しんで生きたいです♪


そして、これから先はタイムとの戦いになるので、プライベートの時間を全てトライアスロンに使うようなことはせずに、メタボ防止の健康維持と、仕事での考え事をする時間としての適度なトレーニングを続け、年に数回のトライアスロン参加程度でやっていきたいと考えています。

本日も、藤原誠の「愛と誠」にお付き合いいただき、本当にありがとうございます。


※写真は、完走メダルを持って、ゴールゲート裏での1枚

尊敬する写真家、ハービー・山口さん

2013.04.06 Posted time/00:13 | 藤原誠について | - | - | page top ↑



送信者 ブログ用webアルバム


写真家さんについては、あまり詳しくないのですが、

唯一尊敬する写真家さんと言えば、

ハービー・山口さん。


人(ポートレート)を撮る写真家で、ハービーさん以上に

暖かい写真を撮る人を、僕は知らない。


一見、何気ないポートレート写真の数々。

でも、何となく暖かい。

だから、ついつい何冊も写真集を買ってしまう(笑)


携帯電話にもカメラが付いているこのご時世、

決定的瞬間は、一般人でも遭遇すれば撮ることができ、

綺麗な風景写真は、プロじゃなくても高性能カメラさえあれば、

誰にでも綺麗に撮れる時代。


そんな時代で、唯一機械任せじゃ出来ないことが、

撮られる人の、最高の表情を引き出すことだと想います。


家族じゃないのに、家族にしか見せない表情を、

何故かハービーさんには見せてしまうようで・・・


先日そのハービーさんから、とてもとても大きな

恩を受けることがありました。


たった一度、ハービーさんが講師を務める

ライカゼミでお逢いしただけなのに・・・

どうしてこんなに、赤の他人に優しくできるのだろう?

そうも考えましたが、ハービーさんが常に言っている、


「人間の希望を撮りたい」

「人が人を好きになるような写真が撮りたい」


といった言葉が本音であるからこそ、

僕のような他人にも、そのような接し方が出来るのではないでしょうか?


簡単に言うと、

「言っていることと、やっていることが一緒」

大人として最高にカッコイイ生き方ですね!!


そしてこんな言葉も聞かせていただき、益々尊敬することに。

「最高のカメラとは、高性能なカメラではなく、

撮る勇気を与えてくれるカメラのこと」

さらに、

「シャッターを切る瞬間、相手の幸せを祈る」

ですって♪

心温まる写真が撮れるはずですよね!!


僕も、そんな心温まる写真が撮りたいのですが、

なかなか他人にレンズを向けられない、

小心者であります(悲)


さぁ僕は、尊敬するハービーさんから、

恩をいただいただけで終わっているので、

いつか恩返しをさせていただかねばと、

心に誓うのでした・・・


本日も、「愛と誠」にお付き合いいただき、

ありがとうございました。


写真とは

2013.03.20 Posted time/00:13 | 藤原誠について | - | - | page top ↑



送信者 Picasaウェブアルバム


好きなことの一つに写真があります。


何で好きなのかは分かりません。


でも好きなんです(笑)


だからこのブログにも、

自分で撮った写真を毎回必ず

1枚だけ載せてます。


昔の人が写真を撮られる時に、

「魂を抜かれる」

と言っていた話は有名な話ですが、

近いものを感じます。


抜かれるんじゃなくて、

記憶される?

固定される?

ん〜ちがうなぁ〜


窓口になる?

接点に?

あ〜表現できない(汗)


たまに、霊能者みたいな人が、

失踪した人の以前の写真を見て、

「この人はまだ生きてます」

とか、

「今どこにいます」

とか言ってますよね!


何で「今」の写真じゃないのに、

「今」が分かるんでしょう!?


それは、過去も未来も現在も、

今この瞬間、同時に存在しているから。


なんて言うと、

ちょっと怪しい話になりますね(汗)


でも、今を写真に残すことができると、

その2次元の情報から、

あらゆる世界(次元)につながることが可能になる、

入口というか、役割のような、

新しい存在を生み出すことになるのかも知れませんね。


だから、被写体と向き合っているようで、

実は自分と向き合っているような氣がして、

シャッターを押すその瞬間が、

なんとなく好きなのかも知れません。


そしてその瞬間は、

デジタルカメラで撮る瞬間よりも、

フィルムカメラで撮る瞬間の方が、

僕は好きです。


本当は、「人」が撮りたいのですが、

なかなかそういう訳にも行かず、

撮影会などでモデルさんの、

作られた顔や、決められたポーズには

あまり興味が湧かない。


あ〜こんなこと書いてると、

古いフィルムカメラ(ライカ)と、

読み損ねている沢山の本を持って、

一人旅に出たくなってきた♪


いやいや話が脱線してしまいました。

本当は、写真というか、カメラにまつわる

別の話をするつもりだったのに・・・


はい、また次回書かせていただきます!


本日も「愛と誠」にお付き合いいただき、

ありがとうございました。


英語・・・(汗)

2012.08.01 Posted time/00:13 | 藤原誠について | - | - | page top ↑

送信者 Picasaウェブアルバム

こんにちは!!

英語を勉強したい、藤原誠です(笑)

はい、今頃「したい」なんて言っているのですから、全然出来ていないということです・・・


えっと、今年の2月、ある宣言をいたしました。

「今年、プライベートでの1番の楽しみが、8月に開催されるアイアンマンニューヨークへの参加。それまでに、最低限の英語が話せるようになっていなかったら、参加を取りやめる」



ですが・・・

全く・・・

話せない・・・


飛行機の機内では、コーヒーを頼んだらコーラが出て来たり(汗)

コーラをハーフサイズでって頼んだら、コーラのバーボン割が出て来たり(笑)


まだまだこんな調子です。

って言うか、全く勉強出来ていません。

なので、ニューヨークは諦めます(涙)


あ〜何とかなりませんかねぇ〜

やっぱ、コツコツ努力を重ねる以外ないですよねぇ〜

仕事と一緒ですねぇ〜


やると決めたらコツコツコツコツ、、、

出来るとか出来ないとか考えないでコツコツコツコツ、、、

はい、頑張ります!(^^)!


本日も、藤原誠の「愛と誠」にお付き合いいただき、ありがとうございました。

何を書こう・・・

2012.04.22 Posted time/00:13 | 藤原誠について | - | - | page top ↑

 



またまたブログスランプ中。


書きたいことと、

書くべきことと、

書かない方が良いことと・・・


いろいろ考えてしまうと、なかなか書けなくなってしまう。

あくまでも「個人ブログ」と言いつつも、そんなことも言っていられないこともあり・・・


でもでも、そんな「今」を楽しまなくっちゃ!!


このブログで本当に書きたいのは、「人生」と「幸せ」について。

そのことを、ご縁のあった皆に対して語りたい。


お陰様で、僕自身は「人生の本質」に氣付いているつもり。

だから、今死ぬことになっても後悔はない!!

今日までの僕に出来ることは、今日までに精一杯やっているから・・・


その、精一杯やっている経験こそが「幸せ」なんだから、今日の僕は幸せなんだ!!

もちろん、この調子だと明日も幸せだろうな!!


出来ればこんなことを毎日書いて、読んでくれている人が幸せになってくれたら、僕自身は幸い(笑)

そりゃ、辛いことも大変なこともいろいろありますよ、僕にだって。

でもそれと幸せとは、別の関係。


結果としての出来事は、どんどん上を目指したくなります。

簡単に超えられなくなると、壁にぶつかります。

その壁の大きさが、今の自分の器の大きさですから、そのことについて悩んでも良い事はありません。


前向きに考え、行動する経験。

それが幸せの正体であり、与えられた人生の本質。

僕はそう考えていますので、自分に出来る精一杯のことを、毎日出来ていることは、今死んでも後悔はないということ。


いつだって、

「あ〜楽しかった、みんなぁ〜ありがとう♪」

って言って死んでみせます(笑)


ただ、願いがあるとすれば、苦しみたくないかな・・・

ということだけでしょうか。

明日からも、あまり難しいことを考えず、書きたいように書かせていただきますm(__)m


本日も、藤原誠の「愛と誠」にお付き合いいただき、ありがとうございました。

何のために会社を?

2012.02.21 Posted time/00:13 | 藤原誠について | - | - | page top ↑





これから始まるアジアの時代を

アジアの皆と創り上げていく


ずっとずっと考えていた答えが、今朝いきなり僕の意識へ舞い降りてきた♪

いや、違うなぁ・・・

他の場所から来たんじゃなくて、もともとあったものなんだ!!

だから、

ずっとずっと閉じ込められていて、なかなか正体を現さなかった人生の目的の蓋が、やっと開いた♪

の方が正しいかな。

例えば、昔懐かしい古い記憶が、パッと甦ったような・・・


ちょっぴり大袈裟ですが、それくらいスッキリしました。

今までだって、大体は分かっていたつもりですし、そういう方向へ向けて動いているつもりでしたが、この一言でハッキリと見えた氣がしました。


これまで、沢山の方々にご支援いただき、沢山のスタッフに協力いただき、沢山の素敵なお客様に支えられ、商いをやらせていただきました。

その商いの舵取り役であるのが、経営者という立場。

これまで、派手にしないでコツコツとやっていたつもりです。


もちろん、近道したい時もあるし、スピードを上げたい時もある。

でも、その先に夢や希望や楽しみを見出していただくには、最低限の「安心」も重要な要素だと想います。

30歳で株式会社をスタートした時、かなり大勢の方から言われました。

「若いけど大丈夫なのか?」

「すぐ潰れるんじゃないか?」

そのために、柱を増やす多角化への舵を切ってみたつもりが、それだけではなかったんだ!?


ただ何かを売る会社ではなく、これから始まるアジアの時代へ、美と健康と食の日本文化を持って、いざ出陣!!

そして、日本の1人勝ちを目指すのではなく、日本発アジア各国への波及により、各国の人々の幸せ創造企業へ。

それが、僕のやりたいことを一言でまとめた表現になります。

しかし、表現がちょっと難しいのが、「夢」とはまた違うんですよねぇ・・・


そのアジア戦略を成功させるためにも、まずは日本の皆さんがしっかりと自立できる環境を作らないとですね(汗)

また、いつまでも僕だけが目立つのではなく、そろそろ各社に会員様やお客様から信頼いただき、頼りにされるような存在のスタッフ作りにも、力を入れて行きたいと想います。


さらに、日々いろいろな手段によるメッセージを頂き大変有り難いのですが、なかなか全ての方に満足の行くお返事が出来ていない現状と、ブログやツイッターでのコメントは匿名性が強いため、今後のコミニケーションツールとしての可能性の判断も含め、今更ではありますが試験的にフェイスブックを始めさせていただきます。

全く使い方が分かりませんし、続けるとは宣言しませんが(謝)とりあえずやってみますので、コメント&メッセージ等いただけるようでしたら、そちらの方へ宜しくお願い致します。


ではでは、本日も藤原誠の「愛と誠」にお付き合いいただき、ありがとうございました。

そろそろ本腰?じゃなく片足入れないと!

2012.02.04 Posted time/00:13 | 藤原誠について | - | - | page top ↑



本日は、携帯電話からのブログ投稿練習♪


さて、節分も終わり、本日は立春ですが、いよいよ今年も始まりといった感じですね。

そんな節目に、頑張りたいけど、なかなか頑張れない(汗)ある勉強について、またもやこの場を借りて、公開宣言!

そ・れ・は、

英語のお勉強。


全然ヤル氣が出ない、沸かない、やりたくない(泣)

しかし、これからの仕事を考えると、やっぱり出来た方が便利だし、スタッフとのコミュニケーションも取りやすい。

ならば、今年のプライベートでの一番の楽しみであり、昨年から始めたトライアスロンの一つの節目となる、8月のアイアンマン・ニューヨークまでに、最低限の英語を喋れなかったら、参加を取りやめる。

って、宣言します!!


いつもながら、こうでもしないとなかなか行動できない、情けない自分ですが、そんな自分もまた好きです(笑)


でも皆さん、恥ずかしいから、英語で話し掛けないでくださいね(#^.^#)

本日も、藤原誠の「愛と誠」にお付き合いいただき、ありがとうございました。

あと2ヶ月

2011.12.19 Posted time/00:13 | 藤原誠について | - | - | page top ↑

 



来年の2月19日、第1回熊本城マラソンに参加します♪


とりあえず、記念すべき第1回だし、来年はロングのトライアスロンに出場予定で、その距離なんと!!

海を3.8キロ泳いで、バイク180キロ漕いで、その後に42.195キロのフルマラソン(汗)

なので、その練習のつもりで初のフルマラソン挑戦です。


社内でも、僕以外に数名が参加予定で、すっかり健康優良企業へと様変わり(笑)

そんな熊本城マラソンまで、あと2ヶ月。

ただ完走するだけなら、今でも行ける(つもり)ですが、性分的にそんな訳には行かず、ちゃ〜ぁんと目標設定♪


『目標は、サブ4』


サブ4とは、4時間を切り3時間台のタイムでゴールすること。

初のフルマラソンのくせに、ちょっぴり調子乗りすぎですが、言うのはタダですし・・・

で、なぜ今言うのかと申しますと、ここのところ少しバタバタしていてあまり練習できていないんです。

しかし時間は待ってくれません。

そして大会まで2ヶ月を切ったところで、またまた『宣言追い込み作戦』に打って出た次第でございます。


あ〜これでまた、サボりたい気持ちより、やらなきゃマズイ気持ちが優位に立ち、きっと練習に励めるぞ!!

本日は、個人的な目的のためのブログにお付き合いいただきまして、本当にありがとうございますm(__)m


何かの目標を決めて、その目標に向かい努力する様を楽しむ


きっと僕の癖!?習慣?

苦しくて、キツくて、嫌になりそうなこともあるけど、

楽を求めるのではなく、楽しむことを選択する。

そして達成した時の喜びで、それまでの苦労を一瞬で忘れる(笑)

あ〜仕事と一緒だなぁ〜

今日は誕生日

2011.10.10 Posted time/00:13 | 藤原誠について | - | - | page top ↑

 



本日10月10日は、38歳の誕生日。


沢山の方々に支えられ、またこうやって節目の日を迎えさせていただきました。

本当に本当に、ありがとうございます。

でも今日は、誕生日という意味での節目より、仕事という意味での節目の方が大きい、そんな一日でした。


新たなる挑戦の始まり


そんな、幸せな38歳スタートの日。

毎年毎年、誕生日の日には仕事をしていますが、仕事が苦ではなく楽しみですので、それが僕のライフスタイル。

だから来年も、そう言っている自分でいたい・・・


また多くの方々から、

『ブログ楽しみにしてるのにぃ〜』

なんて、有り難いお言葉もいただき、もう少し更新頻度も増やそうと想いました(汗)

でも、長い文を毎日書くのは時間的に大変なので、想ったことや感じたことを、つぶやく程度に簡単に書かせていただきながら、このブログも更新して行きますね♪


ということで、38歳の藤原誠も、どうぞ宜しくお願い致します。





【写真】社員の皆が準備してくれた、サプライズのアイス
次のページへ | 1/5PAGES | 前のページへ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク