遺伝子組み換えとアレルギー

2011.05.10 Posted time/00:13 | 食糧について | - | - | page top ↑

 



さてまた、遺伝子組み換えのお話に戻りますね。

夢の種

一応CMではそう言われていますが・・・


本当は、悪夢の種だったり(涙)

いろいろとデメリットがありますが、何から話しましょうか・・・


では、アレルギーについて。

今、原因の分からないアレルギーが、身近に溢れています。

その全てが、遺伝子組み換え食品が原因だなんて言いません。

でも一部の原因ではあると想います。


だって、遺伝子を組み替えたことにより、ありえないような耐性を持った大豆やトウモロコシに含まれるタンパク質は、人間やその他の動物にとっては、未知との遭遇(笑)

要は、自然界に存在しないタンパク質であるというと。

だとすると、それを異物と感知し、アレルギー反応が出ても当然といえば当然ですよね!?


また、直接食べなくても、家畜のエサなどに使われれば、その家畜の肉や牛乳を口にすれば、間接的に食べていることになりますから・・・

間接的な影響があるのか?


例えば牛乳。

昔は、カルシウム豊富で、骨が大きく強くなるって言われていました。

でも、今になってみれば、昔の人たちの方が骨が太い。

しかし、背は今の方が高いですよね。

それは、牛に使う成長ホルモンの影響なんです。

女性の胸が、低年齢から大きくなってきているのも同じ理由。


だから、直接口にしなくても、間接的な影響は十分に考えられるのです。

そんな怖い遺伝子組み換えですが、これまで散々お世話になっているのに、いきなり止めましょうなんて言ったら、日本はたちまち食糧危機です(汗)

いつも言う事ですが、まずは遺伝子組み換え作物に対して、今まで日本の農業を支えてくれてありがとう、という『感謝の氣持ち』が大切。

その上で、もうこれからは、日本も工場で物を作って輸出して、なんてことではやって行けませんので、身体が喜ぶちゃんとした種を使った農業を目指しましょう♪

そんな考えを、伝えて行くことが出来れば幸せです。





【写真】御注意!!子供さんに猫パンチします。ですって(笑)

除草剤耐性とは

2011.05.08 Posted time/00:13 | 食糧について | - | - | page top ↑

 



除草剤耐性

今日はこのネタですね!!


耐性とは、耐える性質を獲得すること。

まぁ簡単に言いますと、効き目に慣れるといった感じです。


よくニュースなどで、多剤耐性菌とかMRSAとかに集団感染して、病院で何人死亡した(涙)

って聞きません?

あれは、様々な抗生物質に耐性を持った菌で、どうしようも無いんです。


それと一緒で、ある特定の遺伝子組み換えしてある種は、その種とセットになる除草剤に対して耐性を持っているということです。

例えば、『ラウンドアップ』って聞いたことありませんか?

モンサントという会社が作っている除草剤です。


そのラウンドアップに耐性を持つ菌のDNAを使い、遺伝子組み換え作物が作られているのです。

どうやってその菌を探すのか!?

見つけるのは簡単なんですって♪

だって、除草剤工場の排水溝付近で生きている菌は、既に耐性を獲得していますので・・・

そして、耐性菌のDNAが作り出すタンパク質のお陰で、ラウンドアップとうい非常に強力な除草剤を撒かれても、他の生物は死んで行くのに、遺伝子組み換え作物だけは死なないのです(驚)


凄い技術ですね!!

だから、

農業が楽になる

効率が上がる

結果、食糧危機を救え

儲かります

なんてお話・・・


でもでも、何かおかしい氣がしますよね!?

その皆さんの、何となく感じる『氣がする』という勘

正解だと想います。


では明日は、遺伝子組み換えのデメリットを、ご紹介させていただきますね♪

本日も『愛と誠』をお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m





【写真】はとのエサの豆も、遺伝子組み換えだろうか?

ターミネーター種子

2011.05.07 Posted time/00:13 | 食糧について | - | - | page top ↑

 



ターミネーター

どんな意味だと想いますか?

終わらせるとか、終結させるという意味です。


ターミネーターテクノロジー

終結させる技術


ターミネーター種子

終結させる種


そうです、遺伝子組み換え技術とは、終結させるための技術なんです!!

何を?

作物が次の世代へつながることを・・・


いやいや、表向きは違うんですよ(汗)

こういった遺伝子組み換え作物は、除草剤耐性や、病害虫への抵抗性があり、農薬散布の回数を減らすことが出来、農作業の負担軽減、コスト削減が可能な、夢の種子と宣伝されているのです。


でも、安全性は?

だなんて言ってはいけません。

アメリカは、国をあげて圧力を掛けて来ますから!!

ただし、お金になりそうな国のみ・・・

※以前の、カテゴリー『食糧について』も是非お読みくださいm(__)m


ところで、終結させる技術の前に、除草剤耐性って何?って感じですよね(汗)

では明日はまた、その辺のお話を!!


いやいや、この種の話も長〜〜〜くなりそうなので、たまには違う話も挟み挟みやらせていただきますね。

本日も、『愛と誠』にお付き合いいただき、本当にありがとうございましたm(__)m





【写真】日本人の料理って、何故こんなに繊細なのでしょう!?味も、見た目も、器も・・・

UG99って知ってます?

2011.05.06 Posted time/00:13 | 食糧について | - | - | page top ↑

 



昨日、人口の話をさせていただきましたが、日本は減っているのに、世界的には凄い増え方ですね(驚)

ということで本日は、久しぶりに『食糧について』のカテゴリーネタで!!


今、小麦が病気により、大変な被害を受けているようです。

その病気とは、UG99と呼ばれる小麦サビ病なんだそうです。


どれくらい大変なことになっているのかと言いますと、このままだと世界の小麦の80%くらいが被害に合い、20%程の生産量ダウンになるとの予想!!

これって、エライことですよね(汗)


突然アフリカで発生し、ケニアに広がり、さらには偏西風に乗りイランなどの中東に広がり、パキスタン、インドなどの南アジアへも・・・

そしてこのまま行けば、中国や東アジアも・・・


また、貧しい国の、貧しい人たちは、食糧が手に入らなくなり、大勢飢餓に苦しむことになるのでしょうか?(涙)

すると、程よく世界に広がったところで、間もなく出て来るんですよね、

『この種を使えば大丈夫ですよ』

ってのが・・・


今回のUG99に関しては、まだ何とも言えませんが、実際にそうやって『飢餓を救う』との名目で、世界の食糧をコントロールし、人口をコントロールしようと、日々努力されている方々がいるかも知れません。


どうやって?

それは、遺伝子コントロールですよ!!

遺伝子組み換え、GM作物、GMO、など様々な名前で呼ばれる、ターミネーターテクノロジーってやつです。

ターミネーター?

映画の名前?


では今日はこの辺でお終いにして、明日もこの話の続きを書かせていただきます。

本日も『愛と誠』にお付き合いいただき、ありがとうございましたm(__)m





【写真】昔の人々の保存の知恵は、素晴らしいの一言ですね♪ あ〜スルメをつまみに、ビール飲みたい・・・

慣行農法という経験

2011.04.05 Posted time/00:13 | 食糧について | - | - | page top ↑





昨日、農業を営むあるご夫婦と、いろいとろお話させていただきました。

お二人とも、目に見える世界と、目に見えない世界を、しっかりと認識し、さらにバランスを取るような、素晴らしい考えで農業に取り組まれていて、びっくりしました。


その中でも特に印象的だったのが、『生物多様性』についての考え方。

そうか!田んぼの生物は、微生物だけじゃないんだ!!

昆虫や、植物や、鳥や、小動物・・・

昔は確か、5000種以上が共存していたとか?


しかし、農薬に化学肥料に品種改良にと、人間が強制的にどんどん流れを変え、今に至る訳です。

それが悪かった訳ではありません。

それも大事な経験だったはずなんです。


経験してみて、氣付き始めているんですよね!?

農薬は使わない方が良いのではないか?

科学肥料は要らないのではないか?

その方が、もっと良いお米が作れるのではないか?


そうです、経験のお陰なんです。

これまでの経験に、感謝ですね♪

昨日、アインシュタインについて調べていたら、こんな言葉も残しています。


何かを学ぶのに、自分自身が経験する以上に、良い方法はない


その通りですね。

さらにこんな考え方も出来ませんか!?


自分自身の経験が、社会の経験

社会の経験が、地球の経験

地球の経験が、宇宙の経験

宇宙の経験が、創造主の経験


もし創造主がいるのならば(いるという表現が微妙ですが)、様々な経験を楽しんでいるのでは?

そして、全ての存在が創造主そのものであり、結局は一つの存在。

でも、時間や個性を感じさせてもらっている、ということは、それ自体に意味があるはずなんです。

だから、自分を大事にして、時間を大事にして、生きたいですね♪

おっとまた、大きく話の流れが変わってしまいました(汗)

とにかく、今までの経験を、素早く次に活かすことが出来るのも、人間の素晴らしい能力なので、これからの農業が楽しみでなりません。


本日もお付き合いいただき、本当にありがとうございます。

最後に今日も、下のランキングボタンを、ポチッと1クリック経験してみてください(笑)

人気ブログランキングへ





【写真】昔の人達の知恵は凄いですね

遺伝子組み換えに反対すると・・・

2011.01.22 Posted time/00:13 | 食糧について | - | - | page top ↑

 



では本日は、また遺伝子組み換えのお話。


最近話題になっている、ウィキリークスという情報流出サイトをご存知でしょうか!?

あちこちの国の、機密文書が公開されているやつです。


その中に、アメリカのモンサント社の遺伝子組み換え作物全面禁止としたフランスに対して、2007年フランスのアメリカ大使館からアメリカ本国へ、『貿易面での報復処置を要請』していたことが発覚しました。

ようは、フランスのアメリカ大使館が、アメリカ本国から求められている、遺伝子組み換え作物の普及が出来ないばかりか、国を上げて反対になってしまったため、助けて欲しいという泣き言ですね。

だってフランスは、遺伝子組み換え作物が、腎臓と肝臓に悪影響を与えるという、試験データを持っているんですから当然のことです。

さらには、心臓、副腎、脾臓、造血器官への影響まで懸念されています。


その後、アメリカのフランス大使館が、『EU各国に強い痛みを強いるような報復リストをアメリカが定める』、とフランスへ公電。

結局2007年9月21日、欧州委員会は『各国レベルでの遺伝子組み換え作物禁止は不可能』とコメント。

さらに自国の生産者などからも、遺伝子組み換え反対を反対(笑)の声まで上がり出し、結局昨年からは、ワインの原料でもあるブドウまでもが遺伝子組み換えの試験栽培がスタートしました。


そうです、スタートしたということは、OKになるということですよね(涙)

データは捏造されますので・・・

だって、皆の命に直接関わる医薬品ですら、データの捏造が発覚する時代ですから。


でも、少しでも『遺伝子組み換え全面禁止』を公言できるフランスはカッコイイですね!!

なぜ出来るかというと、食糧自給率が高いからですよね。

日本がそんなこと言って、種や食糧を買えなくなったら、たちまち食糧危機です(汗)

やっぱ自給率上げないと、言いたいことも言えません。


えっ自給率上げても、どうせアメリカには言えない!?

ま、それは置いといて(笑)

でも、アメリカの時代は、もうすぐ終わりますから(^_-)-☆


では、本日もありがとうございました。

良かったら、最後にランキングへの応援クリックをお願い致しますm(__)m

人気ブログランキングへ ←ここをクリック





【写真】見ざる言わざる聞かざる、使い方が難しい(笑)

キッシンジャーという人物

2011.01.20 Posted time/00:13 | 食糧について | - | - | page top ↑

 



さて、昨日の続きで『キッシンジャー』とは何者なのか!?


まぁキッシンジャーは余談なので、そんなに詳しく話する必要は無いが、なかなか面白い経歴なので・・・

両親はドイツ系ユダヤ人で、15歳の頃アメリカへ亡命している。

その後、ソ連のスパイNKVDとしてアメリカへ送られたことが分かったものの、当時のマインドコントロール施設、スタンフォード大学のSRIへ送り込まれ、更なる洗脳を受けアメリカのCIAとなっている。

ん〜壮絶な人生だ。

だから、いまだに厳しい対ソ連認識なんだそう(驚)


その後、核兵器の原料となる、ウランを採掘する鉱山を所有する、オッペンハイマー財団との親類関係を武器に、政治の世界で頭角を現し出す。

そして、ロックフェラーが大統領選に出馬した時の外交顧問、その時に勝利したニクソンの大統領補佐官、さらにその後のフォード政権時は国務長官まで兼任。

凄い人なんですねぇ〜

そのキッシンジャーが1970年代の、石油危機と穀物危機の真っ只中、国防長官として言った言葉が、


『食糧をコントロールすれば、人口をコントロールできる』


なのです(驚)

とまぁ今日は彼の経歴だけで終わりそうですが、食糧をコントロールするにはどうすれば良いのか!?

その秘密が、遺伝子組み換え(GMO)なんです!!


日本では、『効率的な農業』『環境に優しい』『世界の飢餓を救う』などと宣伝されていますが、とんでもない(怒)

ヨーロッパ(特にドイツ、フランス、オーストリア、ギリシャ)では、遺伝子組み換えが人体に及ぼす悪影響が、様々な臨床試験等で確認され、大反対だったのです!!


残念ながら『だったのです』という言い方ですが・・・


こんな話ばかりじゃ、読むのもつまらなくなってしまいそうですが(汗)

安ければよい

形が綺麗ならよい

味が付いていればよい

という、今の世間一般的な『食に対しての認識』を変えるために、お付き合いいただけると幸せです。


本日も最後までありがとうございますm(__)m

最後に、ブログランキングへの1クリックいただけると嬉しいです♪

人気ブログランキングへ ←ここをクリック





【写真】UFO出現か!?と思いきや、駐車場の照明でした(笑)

キッシンジャーの言葉

2011.01.19 Posted time/00:13 | 食糧について | - | - | page top ↑

 



『石油をコントロールすれば、諸国の政治経済をコントロールできる。食糧をコントロールすれば、人口をコントロールできる』


凄い言葉ですね(驚)

こんなことを考えている人達がいるんですね、世の中には・・・

誰の言葉だと想いますか?


ヘンリー・キッシンジャー

ノーベル平和賞受賞者の言葉です。

平和賞の受賞理由は、ベトナム戦争終結に成果を収めたからだそうです。


ちなみに、交渉相手だったベトナムのレ・ドゥク・トさんにも、ノーベル平和賞が贈られましたが、辞退されたそうです。

辞退理由は、『ベトナムには、まだ平和が訪れていない』とのこと。

ん〜本物の匂いがします(笑)

ノーベル平和賞の辞退者は、現在この人一人です。


さて、またもや脱線しそうなので、氣を取り戻して本題に。

と行きたいところですが(汗)

いやぁ〜色々と収集している資料やら、本やら沢山ありすぎて、何をどこから話しして行けば良いのか、悩みます・・・

しかし、このようなことを伝えるのも僕の『志事』のような氣がして、簡単に2、3日の連載で終わらせるのもどうかと想い、新たにカテゴリーを作りました。

だから、この種の話題は、飛び飛びで出てきます、というか間に他のネタも割り込んできます!!

そして、種に限定せずカテゴリー名は、『食糧について』とさせていただきます。


パソコンの場合は左の方に、『カテゴリー』という欄がありますので、そこから選んでください。

携帯の場合は下の方に、『カテゴリ表示』という文字の下のに、最初は『このブログについて』となっているところから選択すると、『食糧について』の記事だけを読むこともできます。


もし今後、この『食糧について』をご友人等にご紹介いただく場合など、全部の記事を読むのは大変なので、このカテゴリーのところを読んでもらうのも良いかも知れませんね♪

今時は、どんな事でも調べようと想えば、良くも悪くも様々な情報が出て来ますが、皆がそれぞれに調べるのは大変ですから、僕が代表して調べて、皆さんにお伝えさせていただきます!!

ただし、その内容が真実なのか、事実なのかは、ご自身の直感、そう『ピンと来るか来ないか』を信じてあげてくださいね。

『僕を信じなさい』、なんて言いませんので(笑)

また、1回1回の情報量が多いと、読むのが苦痛かもしれないので(笑)、なるべく1日1個にポイントを絞った話にするよう努力します。


では本日は、最初のあんな言葉を考え付く人間がいるという事、それを言ったのが、ノーベル平和賞受賞者のキッシンジャーさんであること、この辺で終わりにします。

このキッシンジャーさんが何者であるかは、また次回のお楽しみに♪


本日も最後までありがとうございましたm(__)m

この種の話を多くの方々に知っていただくためにも、最後に1クリックお願い致します♪

人気ブログランキングへ ←ここをクリック





【写真】先日ご馳走になったお雑煮 本物の『人に良い物』、食物の味がしました♪

今日から種の話

2011.01.18 Posted time/00:13 | 食糧について | - | - | page top ↑

 



さて、本日からは『種』について書かせていただきます。


何でわざわざ『種』?

そう想いますよね(笑)


でも今、種が大変なことになっているのです!!


これは、是非皆さんに知っていただきたいことなので、少し時間をかけて書かせていただきますm(__)m


まず、種ってどのように手に入れるか知ってますか?

『そんなもん、農家の人達が、自分たちが栽培した作物から、自分たちで採ってるんだろう!?』

そう想われますよね!?

しかし、現実は全く違います!!


ほとんどの場合、種は買って来ているのです(驚)


『それの何が悪いの?』

ですよねぇ〜

そう来ますよねぇ〜

普通は。(笑)


でも、その買ってくる現代の種は『造られている種』なのです!!


『何を?』

遺伝子を!!

そう、遺伝子組み換え(GMO)というやつです。


最近は、肉をあまり食べず、たんぱく質は植物性タンパクで、なんて大豆食品ブームですが、国産の大豆って5〜6%くらいで、後は輸入です。

しかも、2009年時点でも、世界の大豆の77%が遺伝子組み換えだそうです。


何かイヤな感じですよね、遺伝子組み換えって・・・

もちろん、国は当然のように『安全』だと言っていますよ。

でも『イヤな感じ』という、皆の直感が当たっているのです♪


では、続きはまた明日。

今日もありがとうございますm(__)m

最後に、やる氣の種になる応援クリックを!!(笑)


人気ブログランキングへ ←ここをクリック





【写真】昨日連れて行っていただいた、九十九里浜での、綺麗な光のシャワー
次のページへ | 1/1PAGES | 前のページへ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク