ブログ休止のお知らせ

2014.02.04 Posted time/00:13 | このブログについて | - | - | page top ↑

送信者 ブログ用webアルバム


またまたすっかりご無沙汰してしまいました。

毎回のように同じこと言ってますね・・・

今日は2月4日、新たな1年の始まりということでブログ更新♪


昨年2013年は、前々から激動の1年を予想しておりましたが、本当に予想通りの、いや予想以上の激動の1年でした。

そしてその流れも一区切りして、落ち着いたのが今この時点かなぁ〜なんて考えております。

そしてそして、様々な準備期間の出来事が終了し、いよいよ40代のスタート。


ありふれた考え方ですが、あまり長生きを期待して余裕かましても良くありませんので、80歳までがある程度自由自在に身体も頭も動くと仮定すると、ちょうど今がターニングポイント。

いやでも人生について考えるお年頃ですよね(笑)


今の動きで良いのか?

今の方向性で良いのか?

今の結果で良いのか?


今は、全てこれまでの自分の決断と行動の結果。

だからこれからも、自分自身を信じてこの道を歩み、多くの人達と人生の意味を問いながら、「幸せ」についての模索を楽しんで生きたいです。

こんなことを言えるのも、僕の人生に関わってくれている大勢の方々のお陰ですよね。

本当に、いつも見守ってくれて、協力してくれて、支えてくれて、ありがとうございます。


また、「最近ブログ更新してないね」

とのお声をいただく事があります。

こんなろくに更新もしない僕のブログでも、楽しみにしていただけることにも感謝しております。


ただ、「言いたいこと」と「言えること」にギャップがあり、だからといって「今日これ食べました」では、ツイッターならまだしも、ブログとしては微妙ですし・・・

そこで、この節目のタイミングに一度、ブログ休止を宣言させていただきたいと想います。


僕の関係する様々な会社でお世話になっている皆様、

プライベートな関係でお世話になっている皆様、

今まで「愛と誠」にお付き合いいただき、本当にありがとうございましたm(__)m

中途半端な状態を続けるよりは、ハッキリした方が良いと判断しまして・・・


いつか復活することがありましたら、何らかのアナウンスをさせていただきますので、その時はまた宜しくお願い致します。


藤原誠

クリスマスプレゼント

2013.12.25 Posted time/00:13 | 今日の出来事 | - | - | page top ↑

送信者 ブログ用webアルバム


昨日12月24日、クリスマスイブに素敵なプレゼントが届きました!

そのプレゼントとは、来年4月に開催される、宮古島トライアスロンの当選結果です!


初出場の今年が、強風と高波でスイムが中止になり、イマイチやりきった感じがしなかったので、リベンジの意味も込めて嬉しいクリスマスプレゼントになりました。

今月エントリーしていた西オーストラリアの大会は、残念ながら多忙のため参加をキャンセルしていて、目標の大会がなくなるとついついトレーニングもサボり、すると早速お腹周りに怪しいぷよぷよが(笑)

いやぁ〜僕は絶対に太らない人間だと信じていましたが、さすが40歳ともなると、運動しなければちゃ〜んと脂肪ちゃんを蓄積し始めますね(汗)


でももう大丈夫!

来年4月20日の宮古島トライアスロンに向けて、またトレーニングを始めることにします。

ということで、本当に嬉しいクリスマスプレゼントでした。


本日も、藤原誠の愛と誠にお付き合いいただき、ありがとうございました。

いよいよ40歳

2013.10.16 Posted time/00:13 | 藤原誠について | - | - | page top ↑

送信者 ブログ用webアルバム


いやぁ〜またまたブログを放置してしまいまして、本当に申し訳ありません。

週一くらいは書きたいのですが、なかなか軽くかくことができず・・・

頑張ります!


さてお陰さまで10月10日、無事に40歳を迎えさせていただきました。

沢山の方々からお祝いのお言葉、お花、ケーキなどなどいただき、本当に幸せ者だなぁと感謝の氣持ちでいっぱいです。


子供の頃の40歳って、めっちゃオジサンな感じでしたので、自分が40歳になったという実感はなく、ただ形式上40歳になった感じです。

しかし現実は40歳・・・

リンカーンの有名な言葉で、「男は40歳になったら、自分の顔に責任がある」とあるように、いよいよ「若いから」では済まされないお年頃になってしまいました(汗)


決してこれまでの人生、世間の皆様に胸を張って自慢できるようなことは何も出来ていませんし、自分の事だけを最優先に考えなくなったのも、ここ10年くらいのことです。


無免許でオートバイを乗り回し

高校は3ヶ月で卒業し

職を転々と。


20代で離婚も経験し

大勢の方々に迷惑をかけ

好き勝手に生きて来てしまったように想います。


そして30歳で独立し

無我夢中の10年間

何とか会社を潰さずに来れたこと

これだけは「信用」という意味で

自分を褒めてあげたい。


今は、昔とは比べ物にならない人数の方々の生活に影響を及ぼすような、仕事上の立場となりましたので正に、

「男は40歳になったら、自分の顔に責任がある」

だなぁと自分自身に言い聞かせています。


これからの人生は、今以上に少しでも胸を張って生きて行けるよう、たとえ掲げる理想が綺麗事のように聞こえることだとしても、自分に嘘をつかず、他人に嘘をつかず、生かされている限り、本音でこの人生を全うして生きたいと考えております。

こんな藤原誠ですが、どうぞこれからも宜しくお願い致しますm(__)m


本日も、愛と誠にお付き合いいただき、ありがとうございました。


アイアンマンに出場

2013.09.02 Posted time/13:00 | 藤原誠について | - | - | page top ↑



送信者 ブログ用webアルバム

8月31日に洞爺湖で初開催された「アイアンマンジャパン北海道」に参加し、無事に完走させていただきました!!


3年前の誕生日「トライアスロンに出場します」と宣言し、練習を開始したところ25メートルも泳げず、それでも何とか一昨年5月にオリンピックディスタンスと呼ばれる、スイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ(総距離51,5キロ)のトライアスロンに完走しました。

当初はその1回きりのつもりが・・・

でも皆から、「トライアスロンって最後にフルマラソン(42,195キロ)なんでしょ?」とか、「それってアイアンマンってやつ?」って聞かれ、その度に「いやぁ〜僕が出場したのはもう少し距離が短い大会で〜」なんて説明することになり、結局「じゃあ一番長いやつも完走しよう!」となりました。単純ですね(笑)

だって僕もそうでしたが、トライアスロン=鉄人レース=アイアンマンですもんね。


きっかけはそんな調子だったのですが、だんだんとひたすら同じ運動を長時間続けることで、いろいろなことを考える貴重な時間=トレーニングの時間となるなど、日常生活でも様々なメリットがあることに氣が付き、結局最終目標のアイアンマン出場まで来ました。

スイム3,8キロ

バイク180キロ

ラン42,2キロ

総距離226キロ


距離だけならどうにかなる自信があったのですが、少し準備の甘さが出てしまい、後半大変なことに(汗)

普段から食事の量が少ないのですが、大会前2週間くらいは頑張って普段以上に食べ込んでいたものの、練習で補給食と呼ばれる走りながら栄養補給することをあまりやっていなくて、本番のバイク100キロ過ぎから永遠と25キロも続く登り坂区間で、予定していた量が喉を通りにくくなり始め、最後のラン20キロからは全く飲み食い出来ず・・・


いやぁ本当に辛かった・・・


勝ち負けを争う勝負ではない、大人の趣味としてのスポーツ。

だから結局、いつも自分との闘いなんですよね。

ラスト10キロ、残り時間は3時間もあるから、全部歩いても間に合うのは分かっていたけれども、全部歩くことは自分自身が許せない。

しっかり考えた上で計画的に準備していれば、こんな目には合わないで済むんだし、実際僕よりも20歳は年配の方にも抜かれたし、どう考えても体重50キロもないようなか細い女性からも抜かれたから、年齢や体格の問題ではないのも分かっていました。


「大好きな自分は、いつも自分の期待に応えてくれたし、これまでの人生で自分が自分を裏切る事なんて一度もなかったし、今回だってきっと最後まで頑張ってくれるはずだ。」

そう自分自身に言い聞かせ、自分と向き合い、様々なことを自問自答しながら、洞爺湖の反対側に見える10キロ先のゴール目指して、暗闇の中を一歩一歩進んで行きました。

そしてそして、もう情けないくらいにフラフラのヘロヘロになりながらでしたが、総距離226キロメートルのアイアンマンディスタンスを、何とか無事に完走させていただきました。


完走タイムは、15時間20分


ゴールしてみて、改めて振り返ってみると、「仕事と一緒だなぁ」と感じました。

何事も最初目標を決めた時は、それまでの自分が経験したことの無い領域。凄く遠く感じたり、自分に出来るのか不安になったり。

でもそこで諦めたり、「どうせ自分なんて」って自分で自分を見捨てたりしなければ、あとはコツコツコツコツ、しっかりとしたゴール(目標)さえ決めていれば、ちゃんと到達(達成)出来る。

これはある意味、三次元と呼ばれるこの世の法則なのかも知れません。

時間があり、重力があり、距離があり。

いや、少し言い方が違うかな?

時間を感じ、重力を感じ、距離を感じる。

その「感じる」ことに意味があり、そのためにそれぞれが「個」の存在であるかのように自分自身を感じ、生きることを経験する意味・・・

あ〜トライアスロンの話から脱線して来ましたね(汗)


この辛さを経験すれば、日常生活での大概の辛さなんて、大した辛さとは感じないだろう。

そう想えてならなりません。

というか、そう勝手に想いながら、これからも生きていれば日々目の前に出て来るであろう無理難題や、様々なトラブルと上手に向き合い、これまで同様に少々背伸びしたチャレンジ精神で、ご縁のあった皆様と楽しくワクワクする仕事を、一生懸命(あえて一所じゃなく一生)楽しんで生きたいです♪


そして、これから先はタイムとの戦いになるので、プライベートの時間を全てトライアスロンに使うようなことはせずに、メタボ防止の健康維持と、仕事での考え事をする時間としての適度なトレーニングを続け、年に数回のトライアスロン参加程度でやっていきたいと考えています。

本日も、藤原誠の「愛と誠」にお付き合いいただき、本当にありがとうございます。


※写真は、完走メダルを持って、ゴールゲート裏での1枚

ニュース番組について

2013.07.23 Posted time/00:13 | 今日の出来事 | - | - | page top ↑



送信者 ブログ用webアルバム


最近のニュースを見ていて、なんでこんなニュースばかりなんだろう?って考えてしまいます。

殺したとか、殺されたとかばかり・・・


いや、そればかりではないのでしょうが、印象に残ってしまうんですよね。それが視聴率になるのかも知れませんが、特に子供が夏休みに入った今、「良いニュースだけのニュース番組」があってもいいのではないかと想います。こんなことは、誰でも一度は考えはするはずなのに、それが出来ないのはなぜ?

悲惨な事件ばかりが報道されることにより、子供たちの感覚に、悲惨な事件が一般的な事件に感じかねませんよね。

今のような内容の番組しか作れない深い理由がいろいろとあるにせよ、全部のニュース番組がそうならなくても、一つくらい「良いニュースだけのニュース番組」を作ることが出来たらいいのになぁ〜、なんて考えてしまいます。


もちろん、世の中には悪い人もいることを知っておく必要はあるでしょう。そうしないと、海外ですぐにバックを盗られてしまうだろうし、せっかく稼いだお金も詐欺師に騙し取られてしまいますもんね(汗)

でも、せめて小学生の間くらいまでは、「殺人なんてこの世にはない」くらいの感覚で育ててあげられると、その後に多少グレたにしても、殺してしまうなんて発想は出てこないのではないでしょうか。

僕の個人的な考えですが、根本的に悪い人っていないと想うんです。良いと悪いの感覚が人によって違うだけ。その感覚を、悲惨な事件を起こしてしまうほど、限度を外れた感覚を身に付けさせない社会があれば、今よりも住み良い社会になるのではないかな。


牛や豚は殺して食べて良いのに、犬や猫はいけない。

鮭やマグロは良いのに、イルカやクジラはいけない。

宗教的に食べて良いとか悪いとか、

地方によって食べたり食べなかったり、

でも結局は他の命を頂いて生かされているのが事実。

しかし、同じ人間を殺すなんてとんでもない!

なのに、戦争では沢山の敵を殺した人が英雄になったり・・・


結局は、それまで生きてきた環境によって身に付いた感覚が、自分にとっての良い悪い、ここまでならOKというラインを引くのです。

だから、「良いニュースだけのニュース番組」を見せる環境があれば、一般的に言う「優しい人間」としての判断が出来る人を育てる環境になり、とてもいいですよね♪


あ〜いつの日か、そんな「良いニュースだけのニュース番組」のスポンサーが出来るといいなぁ〜


本日も、「愛と誠」にお付き合いいただき、ありがとうございましたm(__)m


次のページへ | 1/107PAGES | 前のページへ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク